ホーム
2021年1月20日(水)16時54分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
  2020年11月30日の日別アーカイブ

2020年11月30日(月曜日)

幼児は注意、歯ブラシの事故

偶然に目に留まった記事ですが、他人事とは思えずに読みました。

歯ブラシでのど突く事故 「出血少なくても深刻」「細菌で感染症」も…親子で歩かず歯磨きを

 

記事には、日本で子どもが喉を突き、けがをするケースで一番多いものは圧倒的に歯ブラシとあり、次が書かれていました。

とがっていなくて丸いのに危ないの?と思われるかもしれません。確かに先端は丸いのですが、問題は長さです。長いため、のどの奥まで突いてしまうのです。喉の奥には大切な血管や神経もあります。刺さる場所が悪いと、脳や血管、神経を傷つけてしまう恐れもあります。

 

そして、歯ブラシによるけがは特に歩き始める1~2歳に多く、転倒によるものが一番多いと書かれ、次がありました。

廊下や階段などは、いかにも危なそう。しかし、意外に多いのは子ども部屋やリビングで、保護者が夕食後の家事に追われ、きょうだいなどで遊んでいるときに増えるという報告があります。

 

小さいお子さんをお持ちの親御さんは、上記にハッとされたのではないでしょうか。

私もまさに「あるある」と思えてゾッとしてしまいました。

 

我が家でも4歳の孫は注意すればわかるようになりましたが、1歳の孫のほうは歯ブラシはおもちゃのように思っているようで、「ダメ」と言っても歯ブラシを持ちながら歩き回るため、押さえつけて大泣きするのが日常茶飯事です。

 

記事には歯ブラシのけがについて、次が書かれていました。

歯ブラシのけがには注意が必要です。たとえ刺さるほどのけがでも、出血は少ないことが多いのです。刺さっていない場合も、注意が必要です。歯ブラシの先端に血が少し付いている程度で軽いように見えても、突いた場所によっては、血管や神経を損傷したり、「縦隔」(心臓や気管、食道などがある空間)というところに炎症を起こしたりします。

 

歯ブラシには多くの雑菌が付着しているため、他の棒状のものによるけがより10倍も膿瘍 (膿がたまる感染症)ができやすいという報告もあるそうです。

 

記事には次が書かれていましたので、娘に伝えて私も注意しようと思いました。

子どもは大人の行動を見ながら学ぶものです。子どもが小さなうちは、大人も座って(または洗面所で)歯磨きをする、という習慣を心がけることが大切だと思います。

 


カレンダー
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project