メガネのこと

ひどい近眼の私にとって、メガネは必需品です。

そのためだと思いますが、次の記事が目に留まりました。

眼科医が考える「メガネの寿命」とは

 

私も若いころはコンタクトレンズを使用していましたが、40代後半頃から外す時に手間取るようになってしまい、使うのを止めてしまいました。

私が使用していたのはハードコンタクトレンズでしたから、年齢とともにドライアイになりがちになったためか、外そうとしてもピタッとくっついて外しにくくなってしまったのです。

 

実は、ソフトコンタクトレンズを一度だけ使ったことがあります。

それは、娘の結婚式でした。

一生残る記念写真のために、一念発起したのです

眼科を受診し、1ヶ月前から装着の練習をして、1日限りの使用でした。

 

メガネは私も度が合わなくなるたびに新調していますが、今までもレンズとフレームは一緒に買い替えていたので正解でした。

最後に新調したのは、5年以上前だと思います。

 

それまでは隣の時計屋さんがメガネも扱っていたため修理や買い替えも便利だったのですが、閉店してしまったので、新しくしたいと思いつつ、どこのメガネ屋さんに行くかを決めかねています。

ひどい近眼であっても年齢とともに老眼が進むため、そろそろ買い替え時なのですが、CMで見られるような大手ショップに行くか、それとも近隣のメガネ屋さんに行こうかと思案中です

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ