自分のアドレスからのメール

迷惑メールは減ることもなく、様々な手法で増え続けていますね。

私のところへも毎日多くの迷惑メールが届きます。

 

それらのほとんどはWEB上で迷惑メールフォルダに振り分けられるため、メール受信前に迷惑メールフォルダを確認することを習慣にしていますが、たまに迷惑メールではないメールが迷惑メールフォルダに振り分けられることがあったりします。

 

その反対に、自分のメールアドレスからのなりすましメールは迷惑メールフォルダに振り分けられないため、受信フォルダに入ってしまい、見落とした際には受信してしまうのです。

そのような時は凹みますし、「他の方に届いていないだろうか」という不安も生じます。

 

今朝も、一通、fromが自分のアドレスになっているなりすましメールを受信してしまいました。

ヘッダーを見れば明らかになりすましなのですが、メール本文には記載が憚られるようなことが書かれており、読むだけで気分が悪くなってしまいました。

 

アカウントが盗まれたわけではないようなので、他の方に届いていないとは思いますが、万が一、私のアドレスからなりすましメールが送られていたらと考えるだけでゾッとしてしまいました。

何とかならないのかと思いますが、今後も、迷惑メールは無くなることはないのでしょう

 

警視庁の相談窓口にも自分のメールアドレスからのなりすましメールの相談があり、回答されていますので、参考になさっていただければと思います。

自分のメールアドレスを騙ったメールが送付されている

・念のため自分のメールアカウント(プロバイダのID・パスワード等)が不正に利用されていないか確認してください。推測されやすいパスワードを使うなどしていると他人に不正に利用されているおそれがあります。
・ウイルス対策ソフトの定義データを最新のものにした上で、メールや自分のパソコンがコンピュータ・ウイルスに感染していないかどうか検査をしてください。コンピュータ・ウイルスが勝手にメールを送信している場合も考えられます。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ