真夏日のお祭り

一昨日と昨日の二日間は、私の住む地域にある新城神社のお祭りでした。

新城神社のお祭りは、毎年の10月第一土曜日曜と決まっているのですが、私が記憶する限りでは天候に恵まれたことが無く、必ずと言っても良いほど雨が降る時間帯がありました。

 

それが今年は二日間とも晴れて、昨日の日曜は気温が30℃を超えて真夏日になりました。

ただ、以前と比べてお祭りの規模は小さくなっているようです。

数年前までは、お祭り当日には武蔵新城駅に他の地域からの神輿の担ぎ手が集まり、どこからかお囃子の笛の音が聞こえていたのですが、今年は駅には一人も担ぎ手がいませんでしたし、笛の音も全く聞こえませんでした。

 

時代も代わり、祭りを担うべき若い人たちが興味を示さなくなったのかもしれないし、お祭りの予算が削られたのかもしれない、などと勝手に推測しましたが、伝統的な催しの縮小には寂しさを感じました。

 

お祭りとは全く関係ないのですが、30℃を超えた昨日、店が休みだった私にとっては絶好の洗濯日和でした

2回目の洗濯後、屋上に出た際に見上げた空はまさに秋晴れでした。

2018/10/ 7 13:00

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ