乳がんのこと

久しぶりにFacebookにログインしたところ、タイムラインにシェアされていた次の記事に目が留まりました。

乳がんの転移・再発に気づくにはー症状や検査について

 

乳がんの患者さんが増加していることをご存じの方が多いかと思います。

記事は乳がんの転移や再発に焦点を当てて書かれたものですが、専門的な内容がわかりやすく説明されているため多くの方にお読みいただきたいと思い、ここにご紹介することにしました。

 

記事の筆者は乳腺外科専門医の「まつなみ健康増進クリニック」院長の花立史香医師と記され、次の項目に分けて説明されています。

*乳がんの転移とは?
*遠隔転移しやすい部位 肝臓・骨・脳
*最も乳がんが転移しやすい部位は「骨」
*転移が起きたときの症状 胸の痛みはある?
*転移・再発の見落としを防ぐために ―どのような精密検査を行うか?
*治療前は患者さんにあわせてさまざまな検査が行われる
*手術後には定期的な検査によって再発を発見する
*リンパ節転移を手術中に明らかにする「センチネルリンパ節生検」
*手術中に乳房内の転移を確認する「センチネルリンパ節生検」
*乳がんの生存率・余命
*転移・再発リスクが低い段階で「乳がん」に気づくために

 

記事はちょうど1年前の2018年1月11日に公開され、その後9月20日に更新と記されています。

また、花立先生の記事として次がリンクされていますので、興味がある方はお読みいただきたいと思います。

乳がん(花立 史香先生)の連載記事

 

乳がんの患者さんは他人事と思えないほど増えている現状ですから、次の記事等も合わせてお読みいただければと思います。

乳がんの原因と予防

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ