二日前のこと

今年も、1月2日には獅子舞のために店を開けました。

 

獅子舞は10時半過ぎに来ました。

昨年は獅子を撮れず、今年は撮ろうと思っていたのですが、舞の動きが早くて、またしてもシャッターチャンスを逃してしまいました

 

↓は獅子舞の後、ひょっとこのお面に変わった際の写真です。

獅子舞より動作がゆっくりのため、撮ることができました。

2019/ 1/ 2 10:49

 

↓は手前に映っているひょっとこが小学4、5年くらいの男の子で、後ろにいる獅子からひょっとこに変わった上の写真の人が子供を押してくれたため、シャッターチャンスとなりました

2019/ 1/ 2 10:50

 

獅子舞を見送った後ですが、主人が昨年末に臀部に発生した湿疹(最初、本人はダニに刺されたのかもしれないと言っていた)が痛いというので見たところ、私の感では帯状疱疹ではないかと思えました。

それで急きょ休日診療案内に電話し、皮膚科の診察が可能な診療所を聞いたところ、新横浜にある皮膚科クリニックが輪番で開局しているということでしたので、渋る主人を連れて出かけました。

 

年末年始の内科休日診療はひどい混雑だと察しましたが、皮膚科だからそんなに混んでいないだろうと思っていたところ、待合室には10人以上の患者さんがいました。

ただ、皮膚科は一人の診療時間が短いため30分も待たずに主人の番になり、主人は診察室から出てきて「当たり」と言いました。

 

私はその言葉に、休日診療を受診して良かったと思いました。

帯状疱疹は治療が遅れると予後が悪いため、早期からの抗ウィルス薬服用が必要なためです。

 

その後、帰宅途中で主人と別れ、私は実家の両親のお墓参りに向いました。

これも獅子舞が帰った後の例年の習慣なのですが、主人の休日診療受診もあって慌ただしい1月2日となりました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ