インタビュアーの力量

昨日、次の記事が目に留まりました。

嵐会見の「無責任」質問記者と、ジャーナリスト池上彰との共通点

 

上記事には、1月27日に放送された池上ワールド あさま山荘事件とは何だったのか?〜山荘内部をスクープ取材〜』(テレビ東京系)での池上彰さんの刑期を終えた元連合赤軍メンバーへのインタビューと、同日に行われた「活動休止」を報告する嵐の記者会見での「無責任」質問記者のことを取り上げています。

 

嵐会見での「無責任」質問のことは、ネット上でも炎上状態でしたからご存じの方も多いと思います。

 

私は池上ワールドの途中まで見ていたのですが、元赤軍メンバーへのインタビューの途中で寝てしまったため、残念ながら記事に書かれている「インタビューイが狼狽する」場面を逃してしまいました。

そのため、タイトルになっている「共通点」に対してでした。

 

その疑問の回答になったのが、記事の最後の次の文面でした。

たしかに「無責任」という刺々しい言葉のチョイスは、いささか無神経・無遠慮だったかもしれない。が、この「無責任」発言を、また同様に池上サンの「思考停止」発言をきっかけとして場の空気はガラッと変わり、“その後”の展開が(控えめな表現をしても)「微妙に」方向転換されたのも、またたしかなのだ。

 

上記には確かに納得です。

ただ、インタビュアーの手腕が無ければ悪い方向に進んでしまう可能性もあるわけですよね。

 

改めて、池上さんの力量と嵐会見での嵐メンバーの受け答えが絶賛される訳が理解できた気がしました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ