マスクの使い方

インフルエンザ患者数が過去最悪だそうです。

インフル患者数が過去最悪…直近1週間

 

上記事に次の記載がありました。

厚労省は「マスクの着用や手洗いなど感染防止策を徹底してほしい」としている。

 

上記事を読んだ直後に次の記事が目に留まりました。

マスクの使い方…少しの工夫で大きな効果

 

上記事は2014年の12月にアップされたものですが、マスクの使い方として参考になると思います。

 

特に「(1)うつされないための感染症予防」や「(2)病原体をばらまかないための感染症予防」に記されているティッシュペーパーを使う方法は、

前者(ティッシュペーパーを折りたたんで、口と鼻をカバーするぐらいの大きさにして、マスクと顔の間に入れる)は即実行しようと思いましたし、

後者(マスクと顔の間にティッシュペーパーを入れておいて、湿り気が強くなったら交換する)は万が一感染してしまった際に実行しようと思いました。

 

ウィルス予防にマスクはほとんど効果がないという医師もいますし、それも理解しているのですが、私の喉は乾燥に弱いこともあり、保湿も兼ねているマスクは使ったほうが良いという考えなので、外出時には必ずマスクをしています。

 

睡眠不足やストレスも免疫力低下につながりますので、皆さまも体調管理にお気を付けください。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ