福島のDASH村

今年も3月11日が近づいてきましたね。

「もう8年」、「まだ8年」、人それぞれ違った思いを持って8年目の3月11日を迎えるのではないかと思います。

 

昨日、次の記事が目に留まりました。

DASH村の今「思いかけ離れていく」提供者の叫び

 

記事の冒頭に次が記されていました。

平成23年(2011)3月11日に発生した東日本大震災、福島第1原発事故から間もなく8年。復興は進んでいるが、福島には今なお名古屋市とほぼ同じ面積、337平方キロもの帰還困難区域が広がる。人気テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」から生まれたDASH村も浪江町の帰還困難区域にある。土地を提供した三瓶宝次さん(82)、漬物名人で「お母さん」として登場した孝子さん(82)夫妻を訪ねた。

 

日曜夜7時の「ザ!鉄腕!DASH!!」をほぼ欠かさず見ている私は、記事が気になって読み進みました。

そして、DASH村の土地提供者である三瓶さん夫妻が、今も定期的にDASH村を見回ってくださっていることを知りました。

 

記事に次が記されていました。

17年12月、(浪江町)津島支所を中心とした国道沿いの約4キロ、137ヘクタールが特定復興再生拠点に指定された。23年3月の避難指示解除を目指し、除染とインフラ整備が進められている。しかし、DASH村など国道から離れた地域は外れた。宝次さんは「一部に復興拠点ができても津島全体を再生するのは不可能。範囲を拡大して10年以内に津島全体の除染を終えるようにしないと、地域が消滅してしまう」と訴え、町に要望書を出した。

 

記事を読みながら、私は胸が詰まるような思いを感じ、「ザ!鉄腕!DASH!!」で放送された震災前の明雄さんとTOKIOのメンバーの場面を思い出しました。

震災があって、明雄さんも亡くなり、8年が経とうとしている今でも浪江町のDASH村は帰宅困難地域のままなのですね。

 

記事の最後に記された三瓶宝次さんの次の言葉が重く心に残りました。

「みんな分散して生活圏が破壊されました。東京の人たちの感覚と被災地の人の思いは時間がたてばたつほど、かけ離れていきます。忘れられてしまうんだろうな」

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ