2019年3月のWindowsアップデート

昨日の第二水曜はWindowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

私と同じような方は少ないかと思うのですが、私の場合、体調が悪いとPCの不具合が出るというダブルパンチに遭うことが多々あります。

そのため、ここしばらく体調が芳しくなかった私は、昨日のアップデートに一抹の不安がありました。

 

そうは言っても代わりに作業してくれる人もいないため、昨朝、まずWindows10の中で一番新しいPCから作業を始めました。

一台目は無事に完了し、次に2台目のWindows10の作業をしました。

 

2台目に関しては再起動後にスタート画面が表示されないという前出のトラブルが生じましたが、タスクマネージャーからの再起動で復活しました。

 

他、2台のWindows10に関しては、そのうちの一台が上記と同じスタート画面が表示されない状況になりタスクマネージャーからの再起動で復活しました。

 

最後にWindows8.1のPCの作業をしたのですが、これに関してはかなり手こずりました。

特に大きなトラブルがあったわけではないのですが、何度もフリーズ状態になり、終了までいつもの数倍の時間がかかってしまいました。

これに関しては処理能力の低下が原因かと察せられたので、使用を始めて5年目というところから、そろそろ危ないかもしれないという懸念が生じています。

 

上記のような経過でしたので、作業始めから終わりまでに費やした時間は先月と比べると2倍以上になってしまい、「私の体調が悪いとPCの不具合が出やすい」というジンクスは存在するのかと思ってしまいました

 

アップデート作業完了後にネット検索したところ、大きな不具合情報は今のところ無いようでしたので、バックアップを取って昨日の作業を終了しました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ