自分の常識

私は書店が大好きで、以前は仕事の休みの日には必ずと言っても良いほど書店に行っていたのですが、最近では本の注文はほとんどネットを利用するようになってしまい、書店から足が遠のいています。

 

そうであっても書店は好きなので、次の記事を興味深く読みました。

書店で本棚の「下の引き出し」を勝手に開けるのはNG? 客のクレームを巡り議論紛糾

 

書店の本棚の下の引き出しのことは、店員さんに本の在庫を尋ねた際に開けている場面を何度か見たので、一種のストッカーのように使っている物と認識していましたから、まずタイトルから、勝手に開けるお客さんがいることに驚きました。

 

そのような思いで読み進んだのですが、記事にあった次の言葉にドンと突かれたような思いがしました。

「あなたの常識でも私の常識ではない」

 

私も「人それぞれ」と思うようにしているのですが、つい自分の常識で物事を考えてしまうことが多々あります。

書店の本棚の下の引き出しに関しても、店の関係者のみが開ける場所と思い込んでいました。

 

記事によると様々な意見が出たようですが、筆者が最後に記している文面に尽きるのではないかと納得した次第です。

意外と知らない人も多かった書店の常識。在庫がない場合は「下の引き出し」を勝手にあさらず、店員に一声掛けるようにしてほしい。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ