腸と脳の関係

私は腸内細菌に関心が高いためブログにも何度か投稿していますが、昨日は次のページを興味深く読みました。

腸にまつわる超すごい話 腸と脳の不思議な関係

 

上ページは「緊張するとおなかが痛くなるのはなぜ?」に回答する形で書かれていて、ストレスを感じた際にその情報が腸に伝わって下痢になってしまうしくみが説明されています。

 

上記は情報としてご存じの方も多いかと思いますが、私は下痢になるしくみ以上に次の文面に注目しました。

最近の研究の結果、腸でたくさんの種類のホルモンや神経伝達物質が発見されています。また、一部の物質では、作られる量が脳よりも腸で多いこともわかってきています。たとえばセロトニンという感情に関わる神経伝達物質のおよそ95%が腸で作られています1)。残りは脳で作られますが、実は、この脳で作られるセロトニンも、腸からの材料(前駆体)をもとに作られているのです。

 

以前の投稿(腸内細菌の役割)でもセロトニン育成に腸が関与している情報を載せましたが、上ページを読んで、セロトニンの95%が腸で作られていることを初めて知りました。

 

それを知って、「セロトニンが関与している多くの精神疾患も腸の働きを整えることで改善につながるかもしれない」と一瞬思いましたが、そんなに簡単ではないですよね

 

今後の研究によって、更なる腸の働きが解明されることを願いたいと思います。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ