東大入学式での上野千鶴子さんの祝辞

多くのメディアで報じられましたから、ご存じの方もいらっしゃると思います。

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

 

上は、東大名誉教授の上野千鶴子さんが東大の入学式で述べた祝辞の全文です。

 

女子学生の置かれた現実を説きながら東大に入学した女子大生を励ます祝辞は、同姓として私の心に沁みました。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

 

東大に入学した女子学生だけではなく、他の大学に入学した女子学生、そしてその他の多くの女性にも「がんばっても報われない社会」にくじけず、逞しく進んでほしいと願わずにはいられませんでした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ