赤文字は先に消える

偶然に目に留まった記事ですが、思わず「そういうことなのね」と思いました。

「看板の赤文字は消える」ということを学ばない人類の過ち11例

 

記事の冒頭に次が記されていました。

紫外線でインクが劣化してしまい、文字が消えやすいのは黄色(イエロー)、赤(マゼンタ)、青(シアン)、黒の順番。科学的に解明されているにもかかわらず、人類は何度も同じ過ちを繰り返してしまう。

 

私もインクの色の劣化順番を知りませんでした。

黒が残るのは、そういう理由だったのですね。

 

記事には赤文字が消えた11例の画像が載っているのですが、それらはネタになるのではないかと思えるほどです

 

11例のほとんどは業者が作った看板だと思うのですが、「プロがインクの劣化順番を知らないはずはないと思うのになぜ」とそちらのほうに疑問を感じました。

 

皆さまの身近にも赤文字が消えている看板があるかもしれないですね

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ