ふつうの一日

店の定休日の昨日、気分が少し欝々としていたため気分転換にほぼ日を開いたところ、次の項目が目に入りました。

「ボクたちはみんな大人になれなかった」の感想に燃え殻さんがお返事します。

 

上ページは、ボクたちはみんな大人になれなかったの著者である「燃え殻さん」が読者の投稿に返事を書いているもので、店が休みで平日より時間が取れた私は、それらを一気に読んでしまいました。

 

一気に読んだため疲れてしまいましたが、読み終わった感想は、「欝々するのも自分だから」というものでした。

 

本を読んでいないので申し訳ないのですが、読者の投稿と燃え殻さんの返事を読んでいるうちに、気分が変化したのは確かです。

 

燃え殻さんの返事の中でも次が深く私の心に沁みて、「ふつう」をほめてくれた担任に出会った燃え殻さんは幸運の持ち主のように思いました。

小学校の通信簿で全教科「ふつう」だった自分を
担任は
「ふつうってのは難しいことだぞ、よくがんばったな」
と言ってくれたことを覚えています。
今日、ふつうの一日でした。
それはきっと幸せなことなんだと思っています。

 

一日の終わりに、「今日もふつうの一日だった」と思える日々が過ぎることが幸せなことなのだと思わせてくれた読み物でした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ