川崎通り魔事件

一昨日、大変痛ましい事件が起きてしまいました。

 

一日経った昨日には事件の概要がわかってきました。

川崎通り魔、容疑者は麻生区の51歳…県警発表

 

一昨日の朝、娘と孫たちが泊まっていたので、保育園の準備で慌ただしくしていたところ、娘がスマホを見ながら「なんか、川崎で事件が起きたみたい」と言いました。

孫の食事中はTVを付けないため私は事件の事を知らなかったので、孫が食べ終わるのを待ってTVのスイッチを入れたところ、川崎市登戸で通り魔事件が起きたことを知りました。

 

朝8時過ぎの時点では複数の重傷者が出ているらしいという情報しかわかりませんでしたが、その後、少しずつ様子が報道され、カリタス小学校のスクールバスを待っていた小学生と保護者が犠牲になったと知りました。

 

8時半過ぎには我が家の前の通りを救急車が数台通り過ぎたので、それらの救急車は武蔵小杉の日本医科大学武蔵小杉病院に向かったものだと思います。

児童など19人刺される 女児ら2人死亡 容疑者を特定

 

無差別に弱者を狙った今回の通り魔事件の容疑者は自殺してしまい、亡くなったお二人のご遺族の心中を察すると言葉がありません。

亡くなられた方々とその家族の皆様には心よりお悔やみ申し上げるとともに、怪我をされた方々には一日も早いご回復を祈りたいと思います。

 

今後は子供たちの心のケアが重要になるのではないかと思います。

このような事件が二度と起こらないことを願うばかりです。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ