パンケーキシンドローム

昨日、「パンケーキシンドローム」という文字を目にした際、私は浅はかにも「パンケーキの依存症?」と思ってしまったのです。

 

その文字は次のタイトルにあったのですが、記事を読むと恐ろしいことが書かれていました。

「パンケーキシンドローム」って何? うっかり食べると…“粉もの”に潜む危険

 

記事では、「パンケーキシンドローム(症候群)」の事を次のように説明していました。

ホットケーキミックスなどの袋の中で繁殖したダニを食べてしまうことで引き起こされる、アレルギー症状

 

また、次がありました。

アレルギー物質であるダニや、その死骸やフンが大量に含まれる食品を摂取することで引き起こされる重篤なアレルギー症状のことを言います。「口腔ダニアナフィラキシー」とも呼ばれています。鼻水や目のかゆみといった、通常知られているアレルギー症状とは異なります。

 

次のような症状が出るそうです。

全身のじんましん・むくみ・呼吸困難・喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)・腹痛・嘔吐・血圧低下などの重症なアレルギー症状(アナフィラキシー)を引き起こし、最悪の場合は命を落とす危険性さえもあります。

 

私が衝撃を受けたのは、次の文面でした。

この「パンケーキシンドローム」が怖いのは、たとえ火が通った食品でも症状が出てしまうということ。

 

記事の末尾に次がありましたが、皆さま、くれぐれもお気を付けください。

現在、シンクの下などの湿度のある場所で、粉ものを常温保存している人は要注意。
身の安全のため、今一度、正しい保存法を確認してほしい。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ