ゆうちょ銀行を装った偽メールに注意

ゆうちょダイレクトをご利用の方はご注意ください。

 

私も利用者なのですが、昨日、ゆうちょ銀行から次のメールが届きました。

多くの方に知っていただきたいので、全文をコピーします。

平素は、ゆうちょ銀行をご利用いただき、誠にありがとうございます。
※本メールは、ゆうちょダイレクトをご利用いただいているすべてのお客さまにお送りしています。なお、ゆうちょ銀行Webサイトにも掲載しています。

1 ゆうちょ銀行を装った偽メールについて
ゆうちょ銀行を装ってメールを送信し、メールに記載したリンクからゆうちょ銀行Webサイトと見た目がそっくりなフィッシング(詐欺)サイトに誘導後、パスワードを入力させて盗み出し、お客さまの口座から不正に送金される事例が多発しています。

弊社から「お客さま番号、ログインパスワード、ワンタイムパスワード」を入力するリンクを記載したメールを送信することはございません。
受信したメールに記載されたリンク先にお客さま番号等を絶対に入力しないでください。

2 ゆうちょダイレクトへのアクセスについて
フィッシング(詐欺)サイトは、ゆうちょ銀行Webサイトをコピーしているため、ほぼ同じ見た目をしており、サイトの見た目だけで本物のサイトかどうか判断することは大変危険です。
ゆうちょダイレクトにアクセスする際は、メールに記載されたリンクからではなく、検索サイトでの検索やお気に入り登録からアクセスすることを徹底願います。
なお、お気に入り登録する際はゆうちょ銀行トップページを登録されることをお勧めします。

3 偽メールの文面について
今月送付されている偽メールには、ゆうちょ銀行からの本物のメールと誤認させるため次の特徴があります。
ア 差出人としてゆうちょ銀行を偽装。
イ メール本文にゆうちょダイレクトサポートデスクの本物の連絡先をあえて記載。
ウ メール本文にリンク先としてゆうちょ銀行WebサイトのURLを記載しているが、クリックすると別のURLに遷移(見た目はゆうちょ銀行Webサイトとほぼ同じ)。
このように偽メールは非常に巧妙です。メールに記載されたリンク先にお客さま番号等を絶対に入力しないことを徹底願います。
なお、今月送付されている偽メールの文面例は次のとおりです。
【偽メールの文面例】
--------------------------------
差出人:【ゆうちょ銀行】<information@jp-bank.japanpost.jp>
件名:ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため
最近、ゆうちょ銀行はお客様の口座資金のセキュリティを高めるために、全面的にシステムのバージョンアップを行いました。すぐに口座の更新をお願いします。もしバインディングしているのがトークンの場合、更新する前にトークンを用意してください。トークンをバインディングしていない場合、メールにログインしてください。

こちらのURLをクリックしてください
ht●ps://www.jp-bank.japanpost.jp/●●●/●●●/●●●

■ゆうちょダイレクトのセキュリティに関するお願い
ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため、以下のセキュリティ対策の実施をお願いいたします。
●トークン(ワンタイムパスワード生成機)のご利用(無料)
●OSやインストールしているソフト等は常に最新の状態で使用
●メーカーのサポート期限が経過したOSやソフト等は使用しない
●ウイルス対策ソフトの導入および最新の状態への更新
●不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」のご利用(無料)
●携帯電話?スマートフォンのメールアドレスを登録
●送金などの操作を行う端末と別の端末で受信するメールアドレスを登録
申し訳ございませんが、このメールへの返信はお受けしておりません。
※この度のお取り扱いに関し、ご不明な点がございましたら、次の連絡先までご連絡をお願いいたします。
※このメールにお心当たりのない方は、至急ご連絡をお願いいたします。
ゆうちょダイレクトサポートデスク
電話:0120992504(通話料無料)
お取扱時間:平日 8時30分21時
土日休日 9時17時
(12月31日1月3日は、9時17時)
ゆうちょ銀行
--------------------------------
※このお知らせは、2019年7月5日現在、ゆうちょダイレクトの「取扱確認メール」の通知を希望されているメールアドレスあてにお送りしております。

【お問い合わせ先】
  ゆうちょダイレクトサポートデスク
  0120-992-504(通話料無料)
  <受付時間>
  平    日:8:30~21:00
  土・日・休日:9:00~17:00
  ※12月31日~1月3日は、9:00~17:00
  ※携帯電話・PHS等からもご利用いただけます。
  ※IP電話等一部ご利用いただけない場合があります。
■――――――――――■
株式会社ゆうちょ銀行
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号

 

点線で囲われた青字(実際のメールは本文と同じ黒文字ですが、判別しやすいように青字にしました)部分が、偽メールの内容です。

 

偽メールの内容は、ゆうちょ銀行からの正規のメールをコピーしたのだろうと思える部分も紛らわしいのですが、取扱時間等の記載から送信元は外国かと思える部分があります。

 

ゆうちょ銀行の注意喚起にありますように、次が偽メールの特徴ですので、ゆうちょダイレクトをご利用の皆様は誤認なさぬようお気を付けください。

ア 差出人としてゆうちょ銀行を偽装。
イ メール本文にゆうちょダイレクトサポートデスクの本物の連絡先をあえて記載。
ウ メール本文にリンク先としてゆうちょ銀行WebサイトのURLを記載しているが、クリックすると別のURLに遷移(見た目はゆうちょ銀行Webサイトとほぼ同じ)。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ