病院で書いてもらう文書の料金

次の記事が目に留まりました。

病院で書いてもらう文書の料金

 

保育園の入園時にも診断書が必要で、娘はかかりつけの小児科医に書いてもらった診断書を提出していましたが、私は他の文書の料金なども気になっていました。

 

診断書の場合は、上記事に次が記されていました。

診療情報提供書といい、2500円(自己負担3割なら750円)です。医療機関以外の介護施設などに紹介する場合にも使われます。

 

学校や幼稚園などに提出する健康診断書の場合は健康保険が適応されるのですね。孫の場合は「無料だった」と娘が言っていたのを思い出しました。

 

続いて記事には次がありました。

患者が、主治医とは別の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」を求めた場合の紹介状は、検査結果や画像診断の情報なども付けて、倍の5000円(同1500円)かかります。
一方、勤め先や生命保険会社に提出する診断書類は、保険がききません。診療と直接関係のないサービスだとして、自費での徴収が認められています。値段は医療機関が各自で決めるため、まちまちです。

 

上記を読み、診断書でも提出先によって料金が異なることが理解できました。

 

ただ、医療機関によって料金に違いがあり、記事には次が書かれていました。

医療機関によって差が大きく、簡単な診断書では最低500円程度から最高は5000円程度、複雑な内容のものだと最低1000円程度から最高1万6000円程度まで幅がありました。保険会社の指定用紙に書いてもらうと、高くなる場合があります。

病院が値段を決める際には、近隣の病院を参考にしている例が多いようです。このため地域による差もみられ、東日本は西日本に比べ、高い傾向にあります。

 

上記から、思っていた以上に料金の差が大きいことに驚きました。

診断書が必要な際には、書いてもらう医療機関に料金の問い合わせをしたほうが無難のようです

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ