奇跡を信じますか

昨日、次の記事が目に入りました。

余命幾ばくもない男の子に、野沢雅子が孫悟空の声でメッセージ。アニメの力が起こした奇跡に胸が震える

 

偶然に目に入った記事ですが、「奇跡」という言葉が気になって読み始めたところ、7月28日放送の「ボクらの時代」で披露されたエピソードだったことを知りました。

 

実は私はその「ボクらの時代」を見ていたのですが、雑務のために途中で見るのを止めてしまったため、このエピソードは知りませんでした。

 

記事では、余命宣告された男の子のお父さんが男の子が大好きだった『ドラゴンボール』で孫悟空の声でおなじみの野沢雅子さんに手紙を書いたことから記されていました。

 

そして、それからのことが次のように書かれていました。

そこで野沢さんはミキサーに頼み、メッセージを収録。「オッス!おら悟空!」とその男の子の名前を呼び、8月に公開される映画に「ぜってえ来いよ。おらが劇場で待ってっからな!約束だぞ!」と、孫悟空の声で声援を送った。

すると、奇跡が起きた。男の子は余命と言われていた2月を超え、映画が公開される8月まで生き延び、大好きな『ドラゴンボール』の映画を観ることが出来たのだ。ベッドで寝たまま映画館に行き、起き上がることが出来ない状況だったにも関わらず、「どうしても椅子に座ってみる」と男の子は言い、座席で鑑賞。そしてその翌日、男の子は息を引き取ったという。

 

亡くなった男の子のお父さんは野沢さんに感謝の手紙を送ったそうで、その手紙に添えられた医師の手紙に次が書かれていたそうです。

僕たちは勉強して、それで人の命を少しでも永らえようとか、生きさせようとしているんだけど、それも出来なくて、アニメの力ってなんでしょう? 僕は今、知らされました。

 

私は医師の書いた文面から、「男の子は亡くなってしまったけれど、良い医師に診てもらっていたのだな」と思いました。

それは、男の子の担当医師は医学の力が及ばなかったこと、そしてこの記事ではアニメですが、「医学的には説明できない何か」が奇跡を起こし、患者を生かしていたことを認めているからです。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、私も「医学的には説明できない何か」を信じているので、「好き」という気持ちが「強い意思」を生み、それが奇跡を起こしたのだと思いました。

男の子は絶対に生き延びて、『ドラゴンボール』の映画を観たいと強い意志を持っていたに違いない。「好き」という気持ちは、現代医学では計り知れない強いパワーを持っているのかもしれない。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ