ブロック塀

昨年の6月に起きた大阪北部地震では、ブロック塀が倒壊して小学生の女児が犠牲になりましたね。

 

私はそれ以前から地震の際にブロック塀は危ないと思っていたので、犠牲になった女児のことが他人事とは思えませんでした。

 

私の毎朝のウォーキングルートには、何カ所かにブロック塀があり、私はそれらの場所を通る際にはブロック塀から離れて歩くことを心掛けていたのですが、一カ所、それができない場所がありました。

 

その場所は、片側が私の身長より高いブロック塀で、道路側はガードレールでした。

ブロック塀とガードレールは人一人が通れるくらいしか離れていませんでしたから、毎朝のウォーキング時に「今大きな地震が来たら逃げられない」と思いながら通っていたのです。

 

その場所のブロック塀が数か月前に撤去されました。(↓の右側がブロック塀でした)

2019/ 5/23 9:32

 

その後、工事はなかなか進みませんでしたが、数日前から次のようになっていました。

2019/ 8/12 5:58

 

出来上がった様子ですが、ブロック塀ではないものの、私には安心して通れる場所ではないように感じました。

 

実は、塀の中はお寺なのです。

お寺だから川崎市のブロック塀撤去助成金を利用していないのかもしれませんが、私には新しい塀もブロック塀に似ているように見えてしまっています。

 

裏側が見えないため、補強がされているかどうかがわからないのですが、いっそのこと、その場所は通らないようにしようかと思案中です。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ