PCの不具合

先日Windowsアップデートの投稿をした際、その時点でのエラーは見つからなかったのですが、翌日辺りから1台のPCが不具合を生じています。

 

そのPCは、手持ちの中では唯一のデスクトップ型の Windows10 (1903)です。

状況としては、起動に時間がかかり、すべての動作が重く、時には正常に起動しなかったりしています。

 

システムの復元を試みましたが失敗に終わり、うまく起動した際にトラブルシューティング等を実行しましたが問題は検出されませんでした。

 

仕事で使用するプログラムが入っているPCのため、昨日は1日中様々な復旧対策を試みましたがダメで、疲労困憊してしまいました。

 

昨夜、寝る前に「Windowsアップデートが原因かも」と思い検索したところ、以前アップデートの際に参考にさせていただいていたサイトに次がありました。

2019年8月の Windows Update メモ (8/15更新)

 

そして、次のページの情報も読みましたが、KB4512508(2019-08 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム)が関係しているのかもしれないと思い始めています。

【アプデ/10】 2019年8月14日のWindowsUpdate後、VB関連が死亡。Windows10全バージョンにて

 

上記不具合に関しては今後のリリースで修正予定のようですが、一時的な対応策としては該当の更新プログラムをアンインストールし、その後に非表示にするしかないようです。

 

念のためにトラブル中のPCに入っているプログラムのサポートに問い合わせたところ、更新プログラムによる不具合情報は今のところ無いということで、更新プログラムが原因などかがはっきりしないため、アンインストールするかどうかを思案中です。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ