森永ラムネ

最近は買っていないのですが、懐かしいです。

懐かしの森永ラムネが大人や受験生に売れまくる理由

 

記事の冒頭に次がありました。

森永製菓の「森永ラムネ」といえば、1973年に“食べるラムネ”として登場して以来、いまも愛される身近なお菓子のひとつ。

 

森永ラムネは1973年に登場したのですね。

私が幼いころに食べていたラムネは、森永ラムネより溶けやすくてもろかった記憶があります。

 

記事に次がありましたが、私はそのブームは知りませんでした。

2014年ごろに『二日酔いのときに森永ラムネを食べるとスッキリする』という内容の口コミが、インターネットを中心に拡散されたのがはじまりだったようです。また、森永ラムネにはぶどう糖が90%含まれているのですが、メディアを通してぶどう糖に期待されるさまざまな効果に注目が集まったことも、ラムネブームを後押ししました。

 

森永ラムネの甘さはブドウ糖だったことも今回初めて知りましたが、ブドウ糖がメインであれば確かに受験生にも良いですよね。

久しぶりに買ってみようと思いました

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ