9月バテ

まだ残暑のある時期ですが、昨日、次の記事が目に留まりました。

夏バテよりも恐ろしい「9月バテ」 その深刻な症状

 

読む前に記事の内容は察せられたのですが、「9月バテ」という言葉が気になって読み始めたところ、「9月バテ」の説明として次が書かれていました。

温暖化の影響で35℃を超す猛暑日が連日続く近年は、至る所で熱中症対策が喚起され、外出や運動を控えてエアコンの効いた室内で過ごす人が多くなった。しかしその結果、かえって9月に入り体調を崩す人が増えているという。これがいわゆる“9月バテ”だ。

主な原因は自律神経の乱れです。薄着で冷房をガンガンかけて、冷たい物を口にするといった夏の生活スタイルを9月以降も続けることによる『体の冷え』が一番大きい。また、9月に入ると朝昼夜の寒暖差が激しくなりますが、気温差が5℃を超える頃になると次第に体が温度変化に対応するのが難しくなってくる。これに加えて秋雨前線や台風による気圧の変化も自律神経の乱れにつながり、体調不良を引き起こすのです。

 

上記内容に関しては想定していた通りでしたが、今年は例年より体調を崩している方が多いように思います。

 

記事には秋口に体調を崩したA氏を例に出していましたが、A氏の場合は脳梗塞の初期症状だったそうで、自律神経の乱れは思わぬ事態を引き起こす場合もあることを改めて認識させられました。

 

猛暑の頃に使用していたエアコンで身体が冷えていたり冷たい物の摂取が多かったりすると、これからそれらの代償が出る可能性があります。

皆さま、くれぐれもお気を付けください。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ