さらば1万歩神話(^^;)

昨日、次の記事を読みました。

さらば“1万歩神話” 最新論文からわかる「本当に体力がつく」歩き方

 

記事の冒頭に次がありました。

体力向上、血圧低下効果を得るためには、個人が『ややきつい』と感じる速歩を1日15分以上、週4日以上実施することが必要で、『楽な』普通歩行をたとえ毎日1万歩実施してもその効果はほとんど期待できない。

 

上記を読んで、記事にもありましたが、私も「ウッソー」と思いました

 

記事では体力向上のためにインターバル速歩という方法が勧められていて、次のように記されていました。

インターバル速歩とは個人の最大体力の70%以上に相当する本人が「ややきつい」と感じる早歩きと、40%程度の「楽な」普通歩きを3分間ずつ交互に繰り返すウオーキング方法です。

 

そのインターバル速歩を1日30分、週に4日以上繰り返すことが勧められていて、平日忙しくて実施する時間がない場合は週末にまとめてやってもよく、早歩きの週合計が60分以上になるようにすると良いと書かれていました。

 

上記事で私は初めてインターバル速歩ということを知ったので、昨日は次の記事も読んでみました。

インターバル速歩と通常のウォーキングの違いとは?

 

研究結果ではインターバル速歩の効果が実証されているそうですし、私自身も良いと言われている方法をするしかないと思い今朝のウォーキング時から実行してみたのですが、ややきついと感じる速歩の3分間はかなり長く感じました。

こういうことは続けなければ意味がないですから、頑張ろうと思います

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ