生きていればこそ

次の記事を読み、闘病していたころを思い出しました。

医師が命を助ける努力を怠れば命が軽くなり過ぎてしまう

 

闘病中はもちろんですが、私は今まで多くの医師と出会いました。

診察を事務的に済ませる医師もいましたし、時間をかけて話を聞いてくれたり、患者に寄り添ってくれる医師もいました。

 

筆者は医師であり、がん化学療法・腫瘍内科学が専門だそうです。

そのような立場からの患者さんと関わりが書かれていますが、次の文面は私自身が闘病中に常に頭にあったことと同じでした。

私が過去に関わったがん患者さん、そして「生きたい」と思いながら、無念にも亡くなった患者さんたちを思うと、生きている、生きていることが最も大切なこと――そう思うのです。

人生はとてもつらい日々もあります。それでも、生きていればこそ何かで喜びを感じることもできるのです。

 

闘病中、つらい日が続き、治療から逃げ出したくなるようなこともありました。

そのような際、「治療から逃げれば死に近づく」という思いが逃げることを抑えました。

そして、「今日は辛いけれど、もしかしたら明日は少し楽になるかもしれない」と自分に言い聞かせたのです。

 

そのようなことを思い出しながら上記事を読み終えました。

「辛い状況にいる方々に読んでいただきたい」と思った記事でした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ