治験薬の治験

次の記事には驚きを覚えました。

治験薬服用後に飛び降り死 てんかん発作の薬、副作用か

 

記事の冒頭に次がありました。

厚生労働省は29日、製薬大手エーザイの新薬の臨床試験(治験)に参加した、健康な20代男性がてんかん発作を抑える治験薬をのんだ後に死亡したのは、薬の副作用による可能性が否定できないとの調査結果を発表した。

 

販売されている類似の薬には自殺企図などの副作用があることがわかっていて、亡くなった男性にもそのことを口頭で伝えていたそうですが、治験の準備は万全だったのでしょうか。

 

私は治験に参加した経験はないので、治験に参加する人たちの選択基準についての知識がないのですが、亡くなった男性は精神科の通院歴はなく健康状態は良好だったと書かれていました。

 

この治験は男性が亡くなったことを受けて中止されたそうですが、製薬会社は治験で人が亡くなったことを重く受け止めてほしいと思いました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ