HDD転売

多くのメディアで報じられましたから、ご存じの方が多いかと思います。

HDDなど転売「7844個」──行政文書流出、ブロードリンクが謝罪 ずさんな管理体制明らかに

 

記事の冒頭に次が書かれていました。

神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題で、流出元の情報機器リユース業者ブロードリンク(東京都中央区)は12月9日、流出のいきさつと捜査の状況を記者会見で説明した。同社の独自調査によると、同社元従業員の高橋雄一容疑者は、2016年からHDDやUSBフラッシュメモリの他、スマートフォンやタブレットなどの情報機器を7844台転売していたという。

 

昨日の朝、スイッチを入れた際に表示されたTV番組でちょうどHDD転売の事件を取り上げていましたが、コメントを求められたセキュリティー関係の専門家が「今までで規模が最大の流出事件になるのではないか」と言っていました。

 

私もHDDのことは連日のニュースで知っていましたが、2016年から発覚するまでに7844台もの情報機器を転売していたことに驚きました。

 

TV番組では容疑者が「見つかるはずはないと思っていた」と供述したことを報じていましたし、状況が明らかになるにつれ業者のずさんな管理が露呈され、神奈川県民としては腹立ちとあきれるばかりの思いがしています。

 

TVでも「ブロードリンク」の役員たちが頭を下げていましたが、謝って済む問題ではないと思いますし、どのようなデータがどこまで流出した可能性があるのかを徹底的に調べて開示してほしいです。

 

それと共に、二度とこのような事件が起きないような徹底した管理体制の構築を望むばかりです。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ