デパスのこと

以前、高齢者に高リスクの薬という投稿で「デパス」について触れましたが、昨日次の記事が目に留まり、関連記事も含めて一気に読んでしまいました。

田辺三菱製薬「デパス」製造者の知られざる歩み

 

上記事の関連記事とは、次のものです。

合法的な薬物依存「デパス」の何とも複雑な事情

薬剤師が見たデパス「気軽な処方」が招いた事態

「デパス」に患者も医者も頼りまくる皮肉な実態

 

上記事を一気に読んだ後、ひどく疲れを感じたと共に薬剤師として重い気持ちになりました。

 

上記事は東洋経済オンラインの中にありましたので、特に医療従事者向けではないのでしょうが、複雑な思いを抱かせる記事でした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ