ワイヤレスイヤホンのデメリット

私は有線のイヤホンしか持っていないのですが、最近はワイヤレスイヤホンを使っている若者が多いように感じていました。

 

次の記事は偶然に目に留まったのですが、気になって読んだところ、ワイヤレスイヤホンを使っていない私にはわからなかったデメリットを知りました。

流行のワイヤレスイヤホンが朝の駅で思わぬトラブルに!?

 

記事には、「充電をしなければならない」「音質が劣ることが多い」「値段が高い」等のデメリットが書かれていましたが、これらには使用者が容認すれば問題のないことだと思いました。

でも、最後に書かれたデメリットには考えさせられてしまいました。

 

それは、「ワイヤレスイヤホンを電車の線路内に落とす人が増えている」ということでした。

記事には、「電車に乗り降りする際、人と接触する小さな衝撃でさえ耳からポロっと落ちてしまうことがあるんです。」と書かれていました。

 

JR西日本列車運行情報(京都・神戸線)の公式Twitterアカウント(@jrwest_kinki_a)は、次のようなツイートを出しているそうです。

乗り降りの際、ワイヤレスイヤホンや靴をホームと列車のすき間に落とされるお客様が増えています。落としても絶対線路に降りないで!必ず駅係員に申告ください。お客様・駅係員の命を守るため、駅係員が列車が来ない手続きをした後、拾得します。すぐには拾うことができません。どうかご理解ください。

 

上記にあるように、駅係員に頼んで拾得してもらう際には、安全のために列車が来ない手続きが必要だそうです。

そうなると、イヤホンを落としたことで駅係員にはもちろん、手続きされた列車の乗客にも迷惑をかけることになりますね。

まして。小さいイヤホンはなかなか取れないそうです。

 

記事には次が記されていました。

線路内へのイヤホン落下は、電車の遅延につながる可能性もあります。わずらわしさから解放されるためのワイヤレスイヤホンが、さらなるストレスや大きな事故につながるなんてこともありうるのです。解決策として、ストラップをつける、人の多い場所では周囲に意識を向ける、といったことを心がけることが大事なのかもしれません。

 

ワイヤレスイヤホンをお使いの方々には、ぜひお読みいただきたいと思った記事でした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ