2020年2月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、定例Windowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

ついこの間に新年最初の定例アップデートを終えたような気がしていたので、あっと言う間の一か月でした。

 

一か月がいつもより更に早く感じたのは、たぶん、孫たちから感染したウィルス性胃腸炎で辛い日々が続いたためかもしれません。

 

最初にウィルス性胃腸炎を発症したのは3歳の孫で、次がゼロ歳の孫と娘、次が私、そして婿という順番でした。

主人は半日くらい気持悪いと言っていたので、軽症のウィルス性胃腸炎だと私は察しましたが、本人は違うと言っていました

 

そのような状態でしたが、感染元の孫は回復も早く、大人では体力のない私が一番長引いてしまい、10日以上辛い状況が続いてやっと回復しました。

 

3歳の孫の保育園では園児はほぼ全員、そして保育士さんも数人感染したそうです。

ウィルス性胃腸炎はまだ流行期ですから、皆様もお気を付けください。

 

アップデートと関係のない前置きが長くなってしまい、申し訳ございません。

昨日はいつも通り一番トラブルが少ないと思える機種から作業を始め、順番もいつも通りに進みました。

 

作業結果ですが、Windows10の問題ばかり起こしている1台が再起動で起動せずヒヤッとさせられた他はトラブルなくアップデートを終えました。

その機種は再度の再起動で起動したのですが、以前の投稿でも記しましたようにヤマト運輸の伝票作成ソフトが起動せず、コントロールパネル→管理ツール→サービス→開始 という手順で起動させ、今は様子を見ています。

 

その機種に関しては以前の投稿でも愚痴を書かせていただいたのですが、ヤマトシステム開発からは3か月を経過しても未だに連絡もなく怒り心頭に発したため、できれば決別したい思いになっています。

それには保存している顧客データの移行が必要なため、その方法と業者を模索中です。

 

アップデート作業終了後に念の為に不具合情報を確認しましたが、今のところ大きな不具合情報が出ていないようでしたので、バックアップを取ってアップデート作業終了としました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ