感染を防ぐ五か条

新型コロナウィルスによる肺炎では、感染ルートが不明な感染者と国内では初めての死者が報告されました。

このことについては事態がより深刻化していると思わざるを得ませんし、多くの方の不安が増しているだろうと私は察しています。

 

そのような中、次の記事が目に留まりましたのでご紹介させていただきます。

新型肺炎、マスクがなくても焦らない! 専門家に聞く「感染を正しく防ぐ5カ条」

 

記事には、東北大学病院感染管理室の徳田浩一室長の言葉として次が書かれていました。

やみくもに恐れる必要はないが、日常的にできる予防をいつも以上に丁寧に行ってほしい

 

また、徳田氏は次のようにも述べています。

自分の免疫力でウイルスをはね返せるように体力を持っておくことは必要なので、体調の変化にも注意しておきたい

 

そして、記事には新型肺炎を防ぐ五か条として次が挙げられていました。

*マスクは顔に密着させて着用する
*手洗いは指先やしわの間を入念にし親指を忘れない
*小まめに情報収集する
*体調の変化に敏感になる
*発症を疑った場合は連絡してから病院へ

 

上記「五か条」は、皆様にも心に留め置きいただければと思います。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ