イブプロフェンに注意

昨日次の記事が目に留まりました。

イブプロフェンに注意 新型コロナ疑いなら―WHO

 

記事には次のように書かれていました。

DPA通信などによると、世界保健機関(WHO)報道官は17日、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合、医師の助言なしに抗炎症薬「イブプロフェン」を服用しないよう注意を促した。抗炎症作用の少ない「アセトアミノフェン」服用が望ましいという。

 

記事によると、上記については危険性を証明する研究結果はまだなく、調査を進めている段階とのことですが、WHO報道官も「専門家の処方がある時以外はアセトアミノフェンを勧める。イブプロフェンではない」と述べたそうです。

 

新型コロナによる肺炎も、初期は普通風邪と同じような症状が出るようです。

 

イブプロフェンが配合されている市販の風邪薬や解熱鎮痛剤も多いですから、発熱などで市販薬を服用する際には、調査結果が出るまでは念の為にイブプロフェンが配合されていない薬をお勧めしたいです。

 

イブプロフェンに関しては、調査結果の情報が入り次第改めてお伝えしたいと思います。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ