佐伯チズさんの公表

多くのメディアで報じられましたので、佐伯チズさんが筋萎縮性側索硬化症(ALS)の罹患を公表したことをご存じの方も多いか思います。

美容家・佐伯チズさん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を公表「この宿命を受け止め…」

 

佐伯チズさんのことは名前は知らなくても、TVなどで映る顔を見れば「ああ、あの人ね」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私も佐伯チズさんのことは詳しくはないのですが、颯爽としたイメージしか浮かばないため、ALSの公表には少なからず驚きを覚えました。

 

私は最初は動画をTVで視聴したのですが、途中で胸が苦しくなるような思いになってしまいました。

 

それは、活動的なイメージしかなかった佐伯さんの様子がショックだったためです。

 

佐伯さんは76歳とのことでしたので、改めてALSの発症年齢を検索したところ、次のページを見つけました。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)(指定難病2)

 

上記ページには、最もかかりやすい年齢層は60~70歳台と書かれていましたから、佐伯さんはその年齢層に当たることになります。

私もその年齢層なので、ドキッとしました。

 

原因として、神経の老化との関連や遺伝子の異常などが見つかっているようです。

原因は不明ですが、神経の老化と関連があるといわれています。さらには興奮性アミノ酸の代謝に異常があるとの学説やフリーラジカルの関与があるとの様々な学説がありますが、結論は出ていません。家族性 ALSの約2割ではスーパーオキシド・ジスムターゼ(SOD1)という 酵素 の遺伝子に異常が見つかっています。最近になりTDP43, FUS, optineurin, C9ORF72, SQSTM1, TUBA4Aと呼ばれる遺伝子にも異常が見つかってきており、次々に原因遺伝子が明らかになっています。

 

まだ対症療法的な治療法しかないようですが、佐伯さんには動画でも話していたようにあきらめずに生きていただきたいと願うばかりです。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ