カビが生えた食べ物は?

先日、お風呂のカビ対策という投稿をしましたが、昨日、次の記事に目が留まりました。

カビが生えた食べ物、大丈夫?

 

記事はQ&A形式になっていて、

パンにカビが生えたけど、そこだけ取り除いて食べちゃおう。

というクエスチョンに、次の返答が書かれていました。

カビが見えない部分にも菌糸が広がっている可能性があります。カビが生えた食べ物には、カビ以外の細菌も繁殖していることがありますよ。

 

そして、「カビを防ぐには?」というクエスチョンに次の返答がありました。

温度が10度以下、湿度が60%以下で繁殖を抑えられますが、死滅させられるわけではありません。焼いても安心できませんよ。カビは熱で死滅しますが、毒素が残ってしまうこともあります。

 

若い方たちならカビが生えた食べ物は捨ててしまうでしょうが、親が第二次世界大戦を経験している世代の私は、「カビは見えないところにも菌糸が広がっている可能性がある」とわかっていても、「もったいない」という気持ちから、少々のカビなら除いて食べてしまったことが何度かあります

 

今までそれで体調が悪くなったことがなかったので、少しなら大丈夫と思っていたのですが、加熱しても毒素が残ることもあると知り、今後は食べないことにしました。

 

今は一年中で一番カビが生えやすい時期ですので、皆様もお気を付けください。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ