究極の感染予防対策とは

次のタイトルが目に留まり、「究極の対策」が気になって読みました。

なぜホームレスはコロナに感染しないのか?支援団体が明かす究極の対策

 

記事は次の項目に分けて書かれていました。

*新型コロナの意外な「安全地帯」は貧困当事者支援
*有効な対策は拍子抜けするほど「基本中の基本」ばかり
*「支援を止める」という選択肢はない中での対策とは
*まずは「情報の貧困」を解決これからは熱中症の対策も
*もともと路上生活者のマスク着用率は高かった

 

私が気になっていた「究極の対策」は上記の有効な対策の項に記されていたのですが、記事の筆者が書いているように「拍子抜けするほど当たり前」のことだったのです。

一般的な“3密”を避けること、咳エチケット、そして消毒です

 

記事の始めのほうに次が書かれていました。

特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい」では、東京都新宿区の事務所での対面相談に加え、東京都庁での食糧配布や相談会を行っている。しかし、新型コロナ対策の観点から、事務所での活動に際してはスタッフやボランティアの人数を制限し、「3密」すなわち「密閉」「密集」「密接」を避けている。高齢であったり持病があったりする人には、無理に参加しないように促す。

 

記事を読み進むにつれ、特別な対策があるわけではないのに感染が広がらない理由は基本的な感染対策の積み重ねであり、「一般的な“3密”を避けること、咳エチケット、そして消毒」を怠らずに続けることが大切なのだと改めて思い知らされました。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、まさにこれこそが「究極の対策」なのだろうと思った次第です。

基本的な対策は十分に有効だ。感染者数に一喜一憂せず、日々の感染対策を積み重ねることが、自分自身と大切な人とを守ることになるだろう。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ