イソジン騒動その後

大阪府知事の会見からうがい薬が品切れになる状況に危惧を覚えたと昨日投稿しましたが、その後もまだ「うがい薬ありますか?」と来店される方がありました。

 

大阪府知事は昨日(会見の翌日)、「うがい薬は新型コロナウィルスへの予防薬でも治療薬でもない」という訂正の会見を開いたそうです。

「予防薬、治療薬ではない」 うがい薬で吉村知事説明

 

上記事に次が書かれていました。

大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、「ポビドンヨード」の成分を含むうがい薬について「(新型コロナウイルスの)予防効果は一切ない。予防薬でも治療薬でもない」と説明し、買い占めや転売をやめるよう呼びかけた。

 

吉村知事は前日の会見でポビドンヨードを含むうがい薬を卓上にずらりと並べ、うがいの励行を訴えたのです。

それにより薬局やドラッグストアには「うがい薬」を求める人達が殺到し、うがい薬の品切れが相次ぐ騒動にまで発展したにもかかわらず、騒動を受けての会見では自身の責任には触れなかったようです。

 

うがい薬の販売権を持つ会社の株価が騒動で高値となり、その後下落したそうですから、投資家の方たちはさぞかしヤキモキさせられたのではないでしょうか

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ