久しぶりのお墓参り

義父母が亡くなってからは、月命日に近い日曜にお墓参りを欠かさなかったのですが、私自身が肺の経過観察中のこともあり、新型コロナウィルス感染を避けるために3月のお彼岸以降はお墓参りを控えていました。

 

新型コロナウィルスについてはこのところ神奈川県も感染者が増えているのですが、今月はお盆ですし、お寺に護持費を納めなければならないため、店が休みの昨日、思い切って出かけました。

 

お寺がある鹿嶋田駅まで電車で行ったのですが、今まで私が行っていた日曜日のうち、一番と言っても良いくらい電車が空いていました。

 

外出自粛で出かける人が少ないのかと思ったのですが、茅ヶ崎まで車で出かけた娘から渋滞に巻き込まれたとのメールがあったので、外出自粛というより電車の利用を控えた人が多かったというのが正解なのかもしれません。

 

お寺はまだお盆には少し早かったためか、お花が供えてあるお墓も少なく、お参りの人も見えず、ご住職の奥様は「この辺は7月お盆の家が多いから」とおっしゃっていましたが、例年8月のお盆に近い日曜にはお参りの人も多かったですから、皆さん外出自粛しているのであって、7月お盆は勘違いではないかと私は思いました

 

義父母には心の中で謝りながらお墓参りを早々に終えてどこにも寄らずに帰宅し、帰宅してすぐに入念に手を洗いました。

 

それにしても、マスク着用で炎天下のお墓参り(お墓周りの掃除もあったので)はきつかったです。

後から、「お墓参りをしていたのは私一人だったのだからマスクを外しても良かったんだ」と思ったのですが、すでに遅しでした

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ