店員さんの手袋着用

次の記事は偶然に目に留まったのですが、私が日常的に利用している西友や近隣のスーパーの店員さんたち、特にレジ係はほとんどと言って良いほどビニル手袋をしているため、関心を持って読みました。

スーパーなどの「手袋」対応に感染リスク…何が問題? 専門家に注意点を聞いた

 

記事には、「手袋」に対して日本環境感染学会の専門家が述べたとして次が書かれていました。

感染対策としては不適切だと思います。
手袋をしていることによって、「自分の手は汚れない」という安心感があるのかもしれません。しかし、手袋にはピンホールという目に見えない小さな穴が一定の割合で開いています。このピンホールは、使用することによって多くなります。
また、長時間同じ手袋を使い続けると汚染がひどくなり、そのまま様々な物や場所を触ると「汚染を拡げる」というリスクを高めることになります。
よって、一般社会では感染対策として手袋を着用するより、適切なタイミングで手洗いや手指消毒を実施する方が有効だと思います。

 

上記を読み、ビニル手袋のピンホールが気になって検索したところ、次のページが目に留まりました。

コロナウィルス対策【ご利用者用】

 

上ページは在宅介護のページなのですが、ディスポ手袋について、予防策として手袋を二重にした際のリスクについて説明されていました。

製造時に数%の確率で出来てしまう、目に見えない程の小さな穴「ピンホール」

二重装着した場合、「ピンホール」からの汚染や病原体が内側のディスポ手袋へと拡大

ディスポ手袋でケアを行うことで、清潔であるはずの部分にも汚染や病原体が拡大

 

上記から、手袋することが必ずしも予防の強化にはならないことが理解できました。

 

前記事では「手袋」について次のように結論付けていましたが、手袋着用のスーパーの方々にはぜひ読んでいただきたい記事だと思いました。

目に見えない小さな穴が手袋には開いており、手袋自体が消毒に不向きなことなどから、手袋の着用が感染予防としては適していないことが分かった。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ