非対面診療

偶然に目に留まった記事ですが、非対面診療は今後も必要性が迫られる時があると思うため、関心を持って読みました。

非対面診療の9割が電話、経験した医師の感想は

 

記事は今年の5月に実施されたウェブアンケートを元に書かれていて、アンケート結果については次が書かれていました。

日経メディカル Onlineでは、医師会員3900人を対象に2020年5月14日~21日にかけてウェブアンケートを実施した。その結果によると、今年に入って46.0%の医師が視覚情報のない電話による診療を経験しており、汎用テレビ電話や専用のオンライン診療システムを用いた医師は6.7%、対面診療しかしていない医師は47.3%だった。半数の医師が何らかのデバイスを用いて非対面診療を経験しており、そのうち87.3%が電話を用いていることになる。

 

私は上記事の中で「電話・オンライン診療に対する意見」を特に関心を持って読みましたが、その中でも対面診療しかしていない医師たちの意見には納得させられたものも多く、今後の課題が山積であることを痛感させられた思いがしました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ