椎間板ヘルニアの新治療

椎間板ヘルニアの痛みに悩む方々は多いと察しますし、痛みが無いために気づかず、別件で整形外科を受診した際に「ヘルニアもあります」と指摘された方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

私は後者なのですが、腰痛も起こしやすいため、次の記事は関心を持って読みました。

椎間板内酵素注入療法…注射でヘルニア縮小

 

記事に次が書かれているように保存療法が基本で、重症の場合には5日から1週間程度の入院が必要な手術適応になるというのが今までの私の認識でした。

治療の基本は安静にして様子を見たり、痛みや炎症を抑える薬やコルセットなどの装具を用いたりする保存療法です。ヘルニアは自然に縮小したり、症状が治まったりするケースも多くあります。

 

記事には新しい治療法の「椎間板内酵素注入療法」が紹介されていました。

椎間板内の組織に含まれる保水成分の分解を促す酵素を注射器で入れます。椎間板の膨らみを縮小させ、神経への圧迫を取り除くことを狙ったもので、日帰りか1泊の入院で済みます。

 

「椎間板内酵素注入療法」を受けた患者さんの7~8割に効果が出ているそうですが、「椎間板内酵素注入療法」はアレルギーが出るリスクから1度しか受けられないことも記事には書かれていました。

 

以下も記されていましたので、「椎間板内酵素注入療法」を希望する場合は事前に問い合わせなさることをお勧めします。

酵素注入療法を行えるのは、日本脊椎脊髄病学会や日本脊髄外科学会の指導医などに限られています。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ