冬には二段階換気

全国的に新型コロナウィルスの感染者が増え続けていますね。

 

「第3波襲来」とも報道されていることに、私も不安が増すばかりの日々です。

 

冬場は暖房中の部屋の換気が必要ですが、今年の冬は例年に増して換気が重要となり、寒さに弱い私はどのような換気方法が良いのか気になっていたところ、次の記事を見つけました。

冬におすすめ「2段階換気」 外気は徐々に 使っていない部屋から

 

記事にはまず次が書かれていました。

「3密」のうち密閉空間になることを避けるにはこまめな換気が重要で、厚生労働省などは「1時間に2回以上、2方向の窓を開ける」といった換気法や、24時間換気システムの適切な利用などを呼びかけている。

 

上記が良いことはわかっているのですが、寒さに弱く気温の変化によって体調を崩しやすい私には気が重いばかりでした。

 

でも、私が少しホッとしたのは、記事に登場する札幌市立大の斉藤教授が述べた次の方法でした。

外気を徐々に室内に取り込む「2段階換気」だ。例えば住居の場合、人が滞在している部屋ではなく、使っていない隣の部屋などの窓を開けて少しずつ外気を取り込む。同時に滞在している部屋のドアを開けるなどして、滞留していた空気を室外に出すことも重要だ。

 

上記なら、それほど寒さを感じることなく換気ができそうに思えたのです。

 

そして、記事にもありましたが、ウィルスは湿度が低いほど活性化しやすいため、加湿器などの使用で部屋の湿度を保つ工夫も大切です。

 

皆様、今までの手洗い等に加え、換気と湿度管理で今年の冬を乗り切りましょう。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ