例年以上に手荒れしやすい冬になりますね

感染症予防のため、例年以上に手洗い回数が増えている方が多いのではないでしょうか。

 

更に消毒することで手荒れしやすくなりますから、今年の冬は例年以上の手荒れ対策が必要になるだろうと思っていたためか、次の記事のタイトルに目が留まりました。

コロナ予防の手洗い・消毒で増える「手荒れ」 こまめに保湿を

 

記事に次がありました。

特にアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人などは、手荒れを発症しやすい。
荒れた肌はバリア機能が低下しているため、外からの刺激を受けやすい上に、細菌がつきやすく、消毒しても菌が残りやすい。とびひの原因となるブドウ球菌や、傷を悪化させる溶血性連鎖球菌が付着し、ジュクジュクした状態にまで悪化することもあるという。

 

記事に登場する皮膚科医のアドバイスとして、次のケア方法が書かれていました。

<日頃のケアのコツ(田尻院長への取材に基づく)>

手洗いや手指消毒をするたびに、保湿剤を塗る
寝る前も夜間に乾燥しないよう保湿剤を塗る
軟膏やクリームの適量は、チューブタイプの場合、人さし指の先から第一関節まで延ばした量が片手全体分の目安
症状が出ている場合は、薬はすり込まず、皮膚にのせるようにして厚めに塗る

 

そして、記事には保湿剤の種類と説明も書かれていますので、手荒が気になる方々にはご一読をお勧めしたいと思います。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ