ホーム
2019年1月20日(日)19時55分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

2018年12月6日(木曜日)

食物が原因でギラン・バレー症候群に

次の記事が目に留まりました。

まさかの食べ物で大病になった女性

 

記事には、ある食べ物でギラン・バレー症候群を発症してしまった女性のことが書かれていました。

 

その食物とは「タマゴサンド」でした。

ギラン・バレー症候群の発症原因の多くはある細菌に感染することから、と言われている。それが…カンピロバクター。
実はこのカンピロバクターという細菌には人間の末梢神経と似た成分を持つものがある。 そのためカンピロバクター菌を攻撃するはずの抗体が誤って末梢神経を攻撃する事があり、 これによりギラン・バレー症候群を発症させる。
カンピロバクターによる食中毒は鶏の生肉を食べて発症する事が多いが、 彼女には心当たりがなかった。
しかし食中毒といえば思い当たる節があった。 それはコーヒー牛乳が炭酸に感じた日のさらに1週間程前の事… 彼女は近所のパン屋でタマゴサンドを買った。
Yさんは、そのタマゴサンドをすぐには食べなかった。 この日の最高気温は32.7度。 Yさんはタマゴサンドをカバンに入れたままにしてしまった。
その翌日、消費期限は前日までだったが、「まあ大丈夫だろう」と思い、 そのタマゴサンドを食べてしまった。 この食中毒が原因で、Yさんはギラン・バレー症候群を発症してしまったとほぼ断定された。

 

記事の女性は治療によって回復したそうですが、暑い時期だけではなく冬でもカンピロバクターの危険が潜んでいますから、暖房した室内での食べ物の放置にはくれぐれもお気を付けください。

 

ちなみに次のページにカンピロバクターの原因食品などの説明がありますので、参考になさっていただければと思います。

増加してきたカンピロバクター食中毒の実態と制御

 

2018年12月5日(水曜日)

人生100年時代に向けて

私も「7つの秘訣」を目標にしたいと思いました。

右半身麻痺でも第一線!81歳ピアニストが現役でいる「7つの秘訣」

 

冒頭に次が書かれていました。

2002年に脳溢血で倒れ、右半身が不自由になったピアニストの舘野泉さん。2年後に左手のピアニストとして復活し、81歳の今も年50回もの舞台に立つ。望んで移住したフィンランドとの往復生活は50年以上になる。「人生100年時代」の今、不自由なところがあっても自分の生き方を貫き、一線に立ち続けるにはどうしたらいいか。そのヒントを探った。

 

そして、次が「7つの秘訣」です。

①周りにできないだろうと言われても、絶望はしない
②結果にこだわらず、やり続ける
③新しい人に出会う、やりたいことがある
④人に任せないで自分でやる
⑤無理をせず時には力を蓄える
⑥長生きに執着しない
⑦1日1日を自由に生きる

 

人それぞれ違うと思いますが、七つの秘訣の中でも自分には簡単にできそうなことと苦手がことがあります。

それはそれで、目標として心掛けて行けば良いかと今は思っています。

 

自分の寿命がどれくらいかわかりませんが、最期まで活き活きと過ごすことを目標にしたいです

 

2018年12月4日(火曜日)

アロマオイルの記事

次の記事に目が留まりました。

飲めるアロマに要注意!知っておきたいアロマオイル(精油)の飲用リスク

 

まず、上ページに次の文面がありますが、私も同じことを声を大にして言いたいです。

「オーガニックだから安全」「100%天然だから安全」とよく耳にしますが、それは本当でしょうか。

精油は1滴であったとしても、作用が強力なものや毒性を示すものもあり、天然=安全と考えるのは大変危険です。

 

同じ薬剤師であっても、私は飲めるアロマがあることを知りませんでした。

そのため、上記事の内容に興味があって読んのですが、わかりやすい説明に納得でした。

 

ネット検索したところ、いくつかの飲用できるアロマオイルが出てきましたが、と思える物が多く、安易に飲用すべきではないと思いました。

 

アロマオイルの飲用を勧められたり、飲んでみようと思っている方には、ぜひお読みいただきたい記事だと思います。

 

2018年12月3日(月曜日)

今更ですが、WordPressのバックグラウンド更新のこと

WordPressのバックグラウンド更新のことは何度か書いていますが、未だに不可解な点が残っています。

 

以前に書いたのは、バックグラウンド更新で新バージョンになっているにもかかわらず、同じバージョンへの更新お知らせが出ることでしたが、先日はこのサイトのブログのみバックグラウンド更新が適応されないという現象が生じました。

このサイトのブログのみと書いたのは、別のサーバーにもWordPressを設置しているためで、そちらは正常にバックグラウンド更新が適応されていました。

 

このサイトにはバックグラウンド更新のテスターを置いていますので、トラブルが生じているのかとテスターを開きましたが、問題は生じていませんでした。

 

いろいろ調べているのですが、未だにバックグラウンド更新が適応されなかった原因がわかりません。

今まで問題なく適応されていたのでバックグラウンド更新のトラブルなど気にしたことが無かったのですが、適応されるはずが適応されなかった今回は胸に何か痞えたような感じがしています

 

2018年12月2日(日曜日)

シニアとは

以前、シニア女性とスマホという投稿をしましたが、急に「シニアっていくつ位から?」と気になり始めたので、ネット検索したところ、次のページを見つけました。

「シニア」とは何歳から?

 

上ページに、次の記載がありました。

世界保健機関(WHO)の定義では65歳以上が「高齢者」となっていて、国の医療・福祉関係の法令・制度でも原則的に65歳以上が「高齢者」となっています(正確には65歳以上75歳未満が「前期高齢者」、75歳以上が「後期高齢者」)。他方、雇用関係ではいわゆる「高年齢者雇用安定法」では55歳以上が「高年齢者」、45歳以上が「中高年齢者」になっています。また道路交通法では70歳以上の免許更新者は「高齢者」講習を受けることが定められています。

その一方で「シニア」という言葉は非公式な一般用語で、もともと英語で「年長」を意味する“senior”からきたものですが、2000年代から「高齢者」ないし「中高年者」を指す言葉として徐々に使われるようになってきました。

 

ということで、シニアとは年齢がはっきり定義されているわけではなく、高齢者ないし中高年者を指すようです。

 

また、上ページには次の情報もありました。

ビデオリサーチが興味深い調査をしていて、一般の人が「シニア」を何歳ぐらいからのイメージでいるかというとだいたい60歳前後からということだそうです。ついでに言うと、「シルバー」「高齢者」は60歳代後半から、「老人」は70歳前後からのようです。ちなみに「おじいちゃん」「おばあちゃん」は60歳代後半からのようなので、「シニア」は「おじいちゃん」「おばあちゃん」よりは少し若いイメージかもしれませんね。

 

「シニア」が「おじいちゃん」「おばあちゃん」よりは少し若いイメージとは、どっぷりシニア世代と思っている私には少々笑える解釈に思えました

 

上ページにはシニア割引の情報も掲載されているので、利用できるものがあれば使いたいと思います

 


カレンダー
2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project