ホーム
2020年7月02日(木)15時09分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...

2020年5月18日(月曜日)

消毒について

昨日は漂白剤に関する投稿をしましたが、今日は消毒についてをわかりやすく説明した記事が目に留まりましたので、ご紹介させていただきます。

その消毒液、何用ですか?新型コロナ対策で知っておきたい、正しい「消毒」の作法

 

上記事では最初に新型コロナウィルスのようなウィルスについて記され、そのウィルスの消毒に有効なアルコールについて説明されていました。

 

アルコールの中でも消毒に適するのはエタノールですが、それについては次が書かれていました。

消毒用のエタノールの濃度は70〜80%が最適だ。北里大学大村智記念研究所の片山和彦教授らの研究で、エタノールは50%以上の濃度であれば1分間程度で新型コロナウイルスの感染性を失わせる(不活性化させる)ことが可能という研究結果が発表された。濃度が100%に近づきすぎたり、65%以下になったりすると効果は薄くなる。

 

エタノールの次には、塩素系漂白剤として使われている次亜塩素酸ナトリウムについて説明されていました。

次亜塩素酸ナトリウムは、薄めてドアノブや机の上など手で触れる場所を拭くときに使うのがよいとされている。使用する際に推奨される濃度は0.05%。次亜塩素酸ナトリウムが含まれている花王のハイターの場合、購入から3か月以内のものであれば水1リットルあたり10ml、1年以内なら1リットルあたり15ml、3年以内なら1リットルあたり25ml(キャップ約1杯分)を混ぜた程度だ。
ただし、拭き掃除に使える素材は限られる。金属は錆びたり、布地は傷んだり、車のハンドルなど合成樹脂部分は変色したりすることもあるので注意してほしい。

 

他にベンザルコニウム塩化物や「石鹸での手洗い」についても書かれていますが、記事には混同しやすい「エタノールとメタノール」、「次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水」の違いも説明されていますので、皆様には以前の投稿の市販洗剤での消毒と合わせて上記事のご一読をお勧めしたいと思います。

 

2020年5月17日(日曜日)

酸素系漂白剤

昨日、次の記事が目に留まりました。

家事のカンタン裏ワザ!靴を真っ白でピカピカに洗う方法

 

我が家で時々お願いするハウスメンテナンスのおじさんのスニーカーが、いつも真っ白だったのを思い出して上記事を読みました。

 

記事には次のように書かれていました。

できるだけ簡単かつ効果的に上履きの汚れを落とすには、酸素系漂白剤を使ったつけ置きがおすすめです。40~50℃程度のお湯に酸素系漂白剤を入れて、20分以上置きます。分量は漂白剤に記載の指示に従ってください。

 

上記は想定内だったのですが、読みながら「あれ、ウチに酸素系漂白剤あったかな」と急に思いました。

 

我が家では主人が塩素系漂白剤を使うことが多いため、塩素系漂白剤は常備しているのですが、酸素系漂白剤は使うことが少ないので、ここ数年は買った記憶がありません。

 

確か洗濯機横の箱に残りがあったはずなので後で確認するつもりですが、塩素系漂白剤は新型コロナウィルスの除菌に使えることを思い出し、酸素系の場合はどうなのかを調べたところ、酸素系の場合はウィルス除菌効果はないようです。

新型コロナウイルスの感染に備えて

 

2020年5月16日(土曜日)

ヤマボウシ

昨日の朝、ウォーキングルートにあるマンションのエントランスに咲いていた次の花が目に留まりました。

2020/ 5/15 5:07

 

何年も同じルートを毎朝通っているにもかかわらず、↑の花が目に留まったのは初めてでしたので、私の注意力がなかったためか、それとも今まで花が咲かなかったのかと一時思いましたが、ほぼ前者だろうと結論付けました

 

初めて見た花でしたので帰宅後にネット検索したところ、「ヤマボウシ」の花の可能性が高いようです。

ヤマボウシの基本情報

 

上ページに次が書かれていました。

同じ属のハナミズキに比較すると開花時期が遅く、葉が出たあとに枝先に開花するので華やかさは少ないのですが、梅雨どきの花木としては価値が高い存在です。花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片(花のつけ根の葉)です。そのため比較的花の観賞期間も長いのが特長です。果実は8月から9月に紅橙色に熟し、果肉は粘質で甘く生食できます。

 

生食できる実が生ると知って、楽しみが一つできました。

 

もちろん食べるつもりは無いのですが、紅橙色の実が生ったところをぜひ見たいと思います

 

2020年5月15日(金曜日)

再びアビガンのこと

新型コロナによる肺炎の報道に頻繁に登場するアビガンですが、次の記事を読み、先日の投稿にも記した「期待しすぎないほうが良い」という思いが更に大きくなりました。

アビガン 科学的根拠に基づいた議論を

 

記事には次が書かれていました。

アビガンは日本の製薬会社が開発した薬剤ですから、新興感染症である新型コロナに対して日本として有効性の検証に取り組む、という姿勢はもちろん理解できます。
しかし、もはや「新型コロナにアビガンを使って当たり前」くらいのコンセンサスが得られようとしていることに、医療者として危機感を覚えます。
なぜなら、実際にはアビガンが新型コロナウイルス感染症に有効であるという科学的根拠は現時点では十分ではないからです。

 

また、次がありました。

日本国内ではインフルエンザ薬として承認されていますが、催奇性があることから新型インフルエンザなどが発生した場合などに備えて備蓄されており、普通のインフルエンザの患者さんに使用されることはありません。

 

筆者は次の文面で記事を閉じていました。

「インフルエンザに対するタミフル」のように効果や安全性が十分に検討されているものとは異なり、新型コロナウイルス感染症に対するアビガンは現時点では適用外使用、または臨床研究として慎重に対象を判断し使用するものです。
もう少し科学的根拠が揃うまでは「新型コロナにアビガンが効いた」と思わせるような報道は控えていただきたいものです。

 

記事の筆者のプロフィールに次が記されていて、「アビガンを使ってほしい」と希望する新型コロナの患者さんが増えていることを踏まえての投稿かもしれないと推察しました。

感染症専門医。2004年に山口大学医学部を卒業し、2012年より国立国際医療研究センター 国際感染症センターに勤務。感染症全般を専門とするが、特に新興再興感染症、輸入感染症の診療に従事し、水際対策の最前線で診療にあたっている ※記事は個人としての発信であり、組織の意見を代表するものではありません

 

2020年5月14日(木曜日)

2020年5月のWindowsアップデート

5月の第二水曜である昨日は、月例Windowsアップデートのリリース日でしたね。

 

昨日の朝、私はいつものように、いつもの順番で作業を始め、5台とも何事もなく完了しました。

 

実は、先月の投稿に記したデモ機をまだ使用しています。それも作業が問題なく完了した一因だと私は思っています。

 

富士通に修理に出したPCはハードディスクの交換を終えて先月中に戻っているのですが、私はヤマトシステム開発にデモ機の利用延長を依頼し、元は4月28日までだった使用期限を5月29日にしてもらったという経緯があります。

 

コロナウィルスで落ち着かない日々に、パソコントラブルで心身を疲労させたくないというのがデモ機延長利用依頼の理由です。

 

今までのトラブルについて、ヤマトシステム開発の担当者はハードディスクの故障によるものとしていましたが、日々使っていた私としては、ハードディスク以外にもシステムに何らかの問題があるように思っているので、使い始めたら再度トラブルが生じる可能性が高いと推察しています。

 

部品代と修理代金(税込み合計48730円)も支払ったので、トラブルが生じた際には何らかの対応をしてもらうつもりですが、その際のストレスを思うと憂鬱になってしまうのです。

そのような時は、「先のことを考えて悩むのはばかばかしい」と自分に言い聞かせることにしています

 

また愚痴のようになってしまい、申し訳ございません。

 

昨日の作業完了後、念の為に不具合情報を確認しましたが、特に出ていないようでしたので、バックアップを取って作業完了としました。

 

ちなみに、不具合情報を検索した際に次の記事が目に留まりました。新型コロナウィルスの影響で今後のアップデートに影響が出るようです。

Windows 10のアップデートが新型コロナの影響で大きく変わる

 


カレンダー
2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project