ホーム
2019年6月16日(日)12時02分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

2019年4月22日(月曜日)

腎臓の話

昨日、次のページを知りました。

腎らいぶらり

 

上サイトは、新潟大学大学院 医歯学総合研究科 腎・膠原病内科 成田一衛教授が監修しているページで、腎臓病の方はもちろんですが、腎臓病の診断を受けていない方にもお読みいただきたいと思って投稿しました。

 

上サイトに書かれていますように、腎臓には「おしっこを作る」ことの他、「体の中のバランスを整える」「血圧を調節する」「ホルモンを作る」等の大切な働きがあります。

また、ウンチが一日出なくても重い病気ではないことが多いのに反して、おしっこが1日出なければ何らかの重い病気の可能性が考えられるのです。

 

上ページには薬剤性腎障害の説明もありますが、薬の服用後に次のような症状が出た際には主治医に相談することと書かれています。

*食欲不振
*吐き気
*下痢
*だるくなる
*熱が出る
*尿の量が少なくなる

 

腎臓を悪くする可能性がある薬剤として、次が挙げられていました。

*非ステロイド性抗炎症薬

*血圧を下げる薬

*抗生剤

*抗がん薬(シスプラチン、カルボプラチンなど)

 

病院にかかっていらっしゃる場合は定期的な検査があるとは思いますが、自己判断で非ステロイド性の鎮痛剤を常用していらっしゃる方にはぜひ検査をお勧めしたいです。

 

「沈黙の臓器」と聞くと肝臓をイメージする方が多いと思いますが、腎臓も自覚症状なく病魔が進行する臓器ですので、特に中年以降の方はご注意ください。

 

2019年4月21日(日曜日)

10年前の切手で身元判明

昨日、次の記事を読みました。

「親戚では」 10年前の切手にDNA、遺体の身元判明

 

記事の冒頭に次が記されていました。

宮城県警は19日、東日本大震災の後に同県石巻市の海上で見つかった遺体の身元が、同県女川町女川浜の平塚真澄さん(当時60)と判明したと発表した。平塚さんが生前に出した手紙の切手についていた唾液(だえき)と、遺体のDNA型が合致した。

 

また、次がありました。

2009年5月の消印があった封筒に貼られた切手から平塚さんの唾液を採取。遺体のDNA型と合致したため、身元の確認ができたという。

 

震災から8年が過ぎましたが、記事にもまだ9体の身元不明遺体が残っていると記されていました。

記事を読み、10年前の切手から身元が判明したことに驚くとともに、他の身元不明遺体の身元が判明することを祈らずにはいられませんでした。

 

2019年4月20日(土曜日)

世界で一番新しい国

昨日、偶然に目に入った次の記事を「世界で一番新しい国」という言葉が気になって読みました。

「紛争地の看護師」が見た、世界で一番新しい国の現実

 

タイトルに「紛争地の看護師」とありましたから、ある程度を想定しながら読んだのですが、記事には私の想定を超える内容が書かれていました。

 

記事の冒頭に次が記されていました。

この地球上で一番新しい国、それは2011年にスーダン共和国から独立した「南スーダン共和国」だ。私は2014年に、この南スーダンに国境なき医師団(MSF)の看護師として2ヵ月ほど派遣された。2010年からMSFに参加し、数々の派遣地で活動してきた私は、この国に足を踏み入れた時に感じたことがある。それは、南スーダンほど国内の惨状が世界に伝わっていない国はまれなのではないだろうかということだ。私が見た「世界で一番新しい国」の実態は、残念ながら、どこよりも「暴力にまみれ、命がたくさん消える国」だった。

 

私は記事を読みながら胸が苦しくなるような思いを感じました。

 

特に迷子の赤ちゃんの箇所では、2月に生まれた孫と重なって涙が出ました。

記事に載っていた幼子の写真は、その赤ちゃんなのでしょうか。

写真のその子は、あばら骨がはっきりわかるほど痩せていました。

幸いにも赤ちゃんはお母さんと出会って、おっぱいを吸えるようになるまで回復したそうです。

 

次の文面にある「世界の誰も注目しない戦争の、報道されることもない暴力によって人びとは亡くなっていった。」という箇所には言葉もありませんでした。

私たちも緊急で避難してきたため、医療物資をほとんど持ち合わせていなかったが、まずは国連敷地内の空き地を使って、けが人の手当てを開始した。消毒薬とガーゼ程度しかなく、手術が必要なほどの大けがに苦しむ多くの患者さんたちには何もしてあげることができなかった。気温50度を超える猛暑の中、血を流す市民たちのうめき声が段々と小さくなる。世界の誰も注目しない戦争の、報道されることもない暴力によって人びとは亡くなっていった。私たちには彼らの身元を確認するすべもない。せめてもの思いで、遺体を入れたバッグに日付と性別、推定年齢を書いた。

 

上記事から南スーダンの事が気になり、次のページも読みました。

3分でわかる南スーダン~南スーダンって、どんな国?~

 

今回初めて南スーダンの現状を知り、募金活動も行われているようなので、私にできることをすべきだと思いました。

 

2019年4月19日(金曜日)

Gmailの機能

最近はgmailをお使いの方が多いように感じています。

以前はyahooアドレスの方が多かった記憶があるのですが、時代の流れなのでしょう。

 

昨日、次の記事が目に留まりました。

知ってそうで知らないGmailのステキ機能21

 

私も一応gmailのアカウントは持っているのですが、メールソフトのThunderbird の方へ転送してしまっているため、gmailのページを開いて送受信することはほとんどありません。

そのため、gmailの機能について疎かったので、久しぶりにgmailのページを開いてみました。

 

すると、「スヌーズ中」という機能が目に入りました。

この「スヌーズ中」という機能は以前は無かったような曖昧な記憶しかないのですが、何に使うのかわからなかったため検索したところ次がありました。

メールをスヌーズする

 

上ページに次が記されていました。

メールの表示を遅らせ、必要になるまで一時的に受信トレイから消去できます。
明日、来週、今日の夕方など、指定したタイミングになるとメールが受信トレイの最上部にもう一度表示されます。スヌーズしたメールは、メニュー メニュー アイコン の [スヌーズ中] で確認できます。

 

上説明を読む限り、「スヌーズ」は私にはあまり必要ではない機能のようです

 

ステキ機能21のページを読むと様々な機能があることがわかりましたが、たぶん私は使わないだろうと思うものがほとんどでしたので、今後もThunderbird を利用を続けようと改めて思いました。

 

たぶん、私が年寄りだからだと思います。

必要最低限の機能があれば十分ですし、多機能になると反って使い辛くなってしまうのです

 

2019年4月18日(木曜日)

皇太子さまのライフワーク

次の記事が目に留まりました。

皇太子さまのライフワーク、水問題「知らないのは日本人だけ」

 

私は皇太子様が水問題の研究をなさっていることは知っていましたが、上記事のタイトルにあった「知らないのは日本人だけ」という言葉が気になりました。

 

そして、水問題の中で何か特別なことを日本人だけが知らないのかと思いながら記事を読んだのですが、それは違っていました。

 

記事には次のように書かれていました。

現在では世界中の専門家が皇太子さまの研究に耳を傾け、「水問題における殿下の高い評価を知らないのは日本人だけだ」ともいわれている。

 

また、次のように書かれていました。

古代より日本の皇室は自然災害に対する意識を高くお持ちですが、皇太子殿下は水問題を通じて文明や人間の在り方に深く考えを巡らされています。さらに、講演をされる時は、聴衆の興味をかき立てる工夫を凝らされます。単なる専門家にはできない、実にユニークで素晴らしい講演をされるのです

 

皇太子様が「水問題」の研究をなさっておいでなのは知っていた私も、皇太子様がそのような講演をされることまでは知りませんでした。

 

記事にもありましたが、平成の時代も残りあとわずか。

来る「令和」が良い時代になるように願わずにはいられません。

 


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project