ホーム
2019年1月16日(水)14時43分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 10

もっと...

2019年1月6日(日曜日)

新元号公表日

一昨日、安倍総理が新元号の公表を4月1日と発表したことをご存じの方は多いと思います。

 

その公表日の4月1日について、昨日次の記事が目に入りました。

「4月1日」決定打はウィンドウズ更新 新元号公表日

 

WindowsUpdateが、新元号の公表日まで変えたのかとビックリです

安倍晋三首相が新元号の公表日を当初検討していた4月11日から土壇場で同月1日に前倒しした最大の要因は、大半の日本企業が導入している米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の更新時期だった。

 

上記に次が続いていました。

新元号の公表日として、一時は暦で大安の4月3日も浮上した。だが、米マイクロソフト社は通常20日程度かけて全世界の技術者が修正作業を行うため、1日でも早い公表が望ましいとして、最終的に4月1日で決着した。

 

また、次が記されていました。

同社は毎月1回、第2水曜日に全世界統一でソフトの更新を行うが、4月は10日、5月は8日となる。政府は当初、4月10日に開かれる天皇陛下ご在位30年の「お祝いと感謝の集い」の翌11日に新元号の公表を検討していたが、11日ではソフト更新に向けた改修作業が次の5月8日まで行うことができず、同月1日の改元には間に合わない。

 

「恐るべしWindowsUpdate」と思った次第です

 

2019年1月5日(土曜日)

クレーマーの寂しさ

下の記事は除夜の鐘に焦点を当てているため時季外れで申し訳ないのですが、クレーマーについて思うところがあって投稿することにしました。

大晦日の楽しみも奪う…「除夜の鐘がうるさい」というクレーマーの寂しさ

 

私は記事の次の文面から、除夜の鐘だけではなく近年多くなったように感じているクレーマーのことが思い浮かびました。

このごろは、ちょっとでも自分の意に染まないことがあると、「迷惑だ」と、他人の非難ばかりする人が増えています。そういう人は、それまで自分が誰かに迷惑をかけたりお世話になったことなど一度もないと思っているのでしょうか。

 

考え方は人それぞれですから、何事にもほとんどの場合は反対意見があり、反対意見があって然りとは理解していても、時にはあまりにも理不尽ではないかと思わせられるような意見もあるように思います。

 

理不尽と思うのも私の考え方ですから、それが正しいかどうかは別として、社会の中で生きている以上、思いやりとか相手の立場になって考えてみることが重要だと私は思っています。

 

近年私は「お互いさま」という考え方をする人が少なくなっているように感じているのですが、筆者は最後に次のように記していました。

誰にも迷惑をかけたことがない人なんてこの世にはありえないし、絶対に人に迷惑をかけられたくないならば、無人島にでも行って暮らせばよいのです。そこなら除夜の鐘もありませんから、静かな大みそかが過ごせるはず。でもわたしは、少々うるさくったって、人に迷惑かけたりかけられたりする街の暮らしが好きですね。

 

2019年1月4日(金曜日)

二日前のこと

今年も、1月2日には獅子舞のために店を開けました。

 

獅子舞は10時半過ぎに来ました。

昨年は獅子を撮れず、今年は撮ろうと思っていたのですが、舞の動きが早くて、またしてもシャッターチャンスを逃してしまいました

 

↓は獅子舞の後、ひょっとこのお面に変わった際の写真です。

獅子舞より動作がゆっくりのため、撮ることができました。

2019/ 1/ 2 10:49

 

↓は手前に映っているひょっとこが小学4、5年くらいの男の子で、後ろにいる獅子からひょっとこに変わった上の写真の人が子供を押してくれたため、シャッターチャンスとなりました

2019/ 1/ 2 10:50

 

獅子舞を見送った後ですが、主人が昨年末に臀部に発生した湿疹(最初、本人はダニに刺されたのかもしれないと言っていた)が痛いというので見たところ、私の感では帯状疱疹ではないかと思えました。

それで急きょ休日診療案内に電話し、皮膚科の診察が可能な診療所を聞いたところ、新横浜にある皮膚科クリニックが輪番で開局しているということでしたので、渋る主人を連れて出かけました。

 

年末年始の内科休日診療はひどい混雑だと察しましたが、皮膚科だからそんなに混んでいないだろうと思っていたところ、待合室には10人以上の患者さんがいました。

ただ、皮膚科は一人の診療時間が短いため30分も待たずに主人の番になり、主人は診察室から出てきて「当たり」と言いました。

 

私はその言葉に、休日診療を受診して良かったと思いました。

帯状疱疹は治療が遅れると予後が悪いため、早期からの抗ウィルス薬服用が必要なためです。

 

その後、帰宅途中で主人と別れ、私は実家の両親のお墓参りに向いました。

これも獅子舞が帰った後の例年の習慣なのですが、主人の休日診療受診もあって慌ただしい1月2日となりました。

 

2019年1月3日(木曜日)

虹のようでした

昨日の朝、前日と同じくらいの時間に屋上に出たところ、太陽が出る辺りの光が何層にも分かれているように見えて、一瞬「虹」と思いました。

2019/ 1/ 2 6:27

 

前日と異なるのは雲が全く無く、右上に見える白い点は月なのですが、三日月の形がはっきりと確認できました。

 

私が見たのはもちろん虹ではないのですが、光が層になって見えた様子に、前日とは異なった意味で神々しさを感じました。

 

いつものことですが、私は空模様によって気分が変わるため、昨日も空の様子に元気をもらった思いがしました

 

2019年1月2日(水曜日)

初空

昨日の元旦、我が家では例年通り主人の両親のお墓参りから新年が始まりました。

私の住む地域では天気も良く、すがすがしい新年の初日でした。。

 

↓は朝、屋上に出た際の空です。

2019/ 1/ 1 6:21

 

まだ日の出前の時間でしたが、元旦の朝ということもあって、オレンジ色に光る辺りに神々しさを感じ、その光を見ながら、災いが無く無事に過ぎる一年であることを祈りました。

 


カレンダー
2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project