ホーム
2019年8月23日(金)22時48分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...

2019年2月9日(土曜日)

痩せすぎは早死

私もひどく痩せているため、痩せすぎの早死は他人事ではありません。

痩せると病気になって早く死ぬという自然の摂理――最新の医学データが示すダイエットの真実

 

上記事は、筆者が精神科医であり参考文献もきちんと記されているところから、信頼できるデータだと思いつつ読みました。

 

記事に記されている研究結果によると、

BMIが24.0~24.9に比べて、BMIが18.5未満では、相対危険度が2倍近いことが分かります。つまり、10年の追跡調査中、BMIが18.5未満であると、死亡率が倍近いということです。

とのことです。

 

痩せすぎで良いことはないとわかっていても、死亡率が倍近いというのは太れない状況の私にはショックですが、「今の体重を保つことができているだけでも御の字」と、自分に言い聞かせました

 

上記事には、妊娠中の摂取カロリー不足によって生まれた低体重児の生涯に渡る影響についても書かれていますので、若い女性にはぜひお読みいただきたい記事だと思いました。

低出生体重児は、数々の神経学的・身体的合併症を伴います。新生児時期の持続性高インシュリン性低血糖症などが怖いです。幼児期~青年期に問題となるSGA(small for gestational age)性低身長症などをはじめ、悪影響は、呼吸・循環・血液・神経・消化管・腎臓・内分泌と全身の隅々にわたります。

さらに低出生体重児で生まれたことの悪影響は、生涯にわたって続きます。そう、生活習慣病につながるのです。Barker仮説・胎児プログラミング仮説というのがあります(Barker & Osmond, 1986)。Barker博士らは、出生時体重が低いほど、心血管系疾患によって亡する率が高いことを報告しました。

 

2019年2月8日(金曜日)

アスピリン

次の記事が目に留まりました。筆者は医師で、yomiDr.のコラムにありました。

避けたかった「アスピリン」飲んじゃった! 成分欄に記載なく

 

記事は、市販薬を飲む際、アスピリンを避けるつもりが添付文書に「アセチルサリチル酸」と書かれていたため、アスピリンが入っていると知らずに飲んでしまったという事例を取り上げています。

アスピリンを含んだ市販薬は価格もお手頃で、よく売れています。ところが、その外箱や添付文書には、「アセチルサリチル酸」と書かれているだけで、「アスピリン」と書かれていない市販薬の製品も存在します。しかし、マスメディアでは「アスピリン」の方を使うことが多く、「アセチルサリチル酸」はほとんど使われません。医療現場でも「アスピリン」と呼ぶことが一般的です。

そのため、今回のケースの女性のように、アスピリンを避けようと市販薬の説明文をちゃんと読んだにもかかわらず、誤って「アスピリン入りの市販薬」を飲んでしまうということが起きても、何の不思議もありません。

 

アスピリンの効果について、記事にはわかりやすい説明が記されていました。

アスピリンは、高くなった体温を下げる(解熱)、痛みを抑える(鎮痛)、炎症を抑える(抗炎症作用)、出血を止めるための血小板の働きを抑え、血栓を作らないようにする(抗血小板作用)、など多くの効果があります。抗血小板作用の効果は7~10日ほど続くことが知られています。そのため、出血する危険性のある医療行為、例えば、手術や胃カメラ検査、大腸カメラ検査の前に、医師などから「アスピリン入り市販薬」を飲まないようにと言われた方もいるのではないかと思います。アスピリンは、市販薬では解熱鎮痛薬として使われています。

 

私はこの記事から、以前、精製水とミネラルウォーターが同じと思って使っていた方の話を聞いて仰天したことを思い出しました。

精製水のことは上記事とは類が異なりますが、患者さんへの説明不足が招いた結果でしたので、再びそのような事態を招かないために慎重にならなければと改めて思いました。

 

2019年2月7日(木曜日)

寝たきり老人がいない欧米

次の記事はだいぶ前に目に留まり、ブックマークしておいたのですが、皆さまにも情報としてお伝えしたいと思ったため投稿することにしました。

宮本顕二・礼子夫妻(1)寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか

 

宮本顕二さんと礼子さんご夫妻は略歴にもありますが、医師ご夫婦です。

お二人のブログ「今こそ考えよう 高齢者の終末期医療」が反響を呼び、『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)を出版されたことが記事に記されています。

 

記事は日本と欧米の終末医療についての質疑応答のようなインタビュー形式になっていて、読み進むにつれて私には考えさせられる点が多々ありました。

海外では、がん以外の患者にもモルヒネを使い、痛みや苦しさを緩和することを重視していますが、日本ではあまり使いません。また、日本では延命処置をしないことが緩和医療につながると理解している医療者は少ないです。点滴の針を刺したり、尿道にカテーテルを入れて、つらい思いをさせます。水分も過剰に投与するので、痰たんが多く、痰を吸引する苦しみを与えています。ストレスから消化管出血もよく起こします。誤嚥性肺炎を繰り返し、発熱や呼吸困難が起きます。問題は濃厚な延命処置を行って、患者を苦しめていることに気がついていない、あるいは気がついても目をつぶっていることと思います。その視点に立つと、日本では緩和医療がおろそかにされていると思います。

 

記事は宮本顕二・礼子夫妻(2)なぜ、自然死ができないのか に続きます。

 

私は自分の両親も主人の両親も見送ったのですが、自分の将来を見据えながら記事を読みました。

皆さまにもぜひ一読していただきたいと思います。

 

 

2019年2月6日(水曜日)

むくみの原因

女性は女性ホルモンの影響もあってむくみやすいですから、気になっていらっしゃる方も多いかと思います。

 

昨日、次の記事が目に留まりました。

50代は「血流&リンパ液」が健康の要!

 

上記事は「50代は」となっていますが、わかりやすく説明されているので、他の年代の方々にもお読みいただきたいと思いながら投稿しました。

 

記事にはむくみの原因として、次の六つが挙げられています。

1.栄養の偏りで細胞の代謝が落ちてしまう
2.間違った水分の摂り方をしている(例:日中にこまめに水分が摂れず、夜にまとめて摂取して、全身に水分が運ばれにくくなってしまう)
3.飲酒などの影響で肝臓の機能が低下している
4.ホルモンの働きの低下
5.腸内環境の影響
6.立ち仕事や座り仕事で、脚を常に下ろしている

 

そして、50代を過ぎてむくみが以前より気になる原因として、次が書かれていました。

年齢を重ねると脚の筋力が衰えるからです。男性よりも女性にむくみを気にする方が多いのも、女性の方が筋力が弱いからですね。

 

記事にはむくみケアの方法も書かれていて、中でも次などは心掛け一つで実行できるのではないかと思います。

つま先をつけてかかとの上げ下げを階段でして、ふくらはぎの筋肉をつけるようにしましょう。

 

記事にもありますが、むくみは「身体の健康に大事なサイン」ですね。

むくみの無い方は現状維持を、そして、むくみが気になる方にはぜひむくみケアの実行をお勧めします。

 

2019年2月5日(火曜日)

今年も大量の廃棄(-_-;)

懸念していたことが、今年も生じてしまったようです。

余りすぎ…恵方巻きの材料、豚の飼料に まだ多い食品ロス

 

上記事は昨日目にしたのですが、次のように書かれていました。

早くも節分当日の3日、余った食材が再処理施設に集まっていた。

 

昨年、恵方巻きの大量廃棄の投稿をしましたが、問題意識が高まっていたとはいえ、まだまだ徹底には至っていないようです。

 

次の記事も目に留まりました。

恵方巻き 10億円分廃棄!? 関大名誉教授推計

大量の売れ残りが問題となっている節分の恵方巻きについて、廃棄される商品が全国で約10億円分に上るとの推計結果を、関西大の宮本勝浩名誉教授が1日までにまとめた。廃棄処分に伴う費用を含めれば、経済的な損失はさらに大きくなるとみている。

 

次の記事には「売れ残り試算16億円?」というタイトルがありました。。

「売れ残り試算16億円?」節分夜35店舗の恵方巻、閉店前で残り272本 税金投入され大部分が焼却処分

 

先の記事に次がありましたが、本当に社会全体で考えるべき問題だと改めて考えさせられました。

意識は高まっていると思うが食品ロスはまだ多い。社会全体で考えていかなければ

 


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project