ホーム
2019年7月19日(金)23時42分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...

2006年7月24日(月曜日)

ゲド戦記2巻目「こわれた腕環」

1巻目で感動したゲド戦記ですが、

昨日は一気に2巻目を読んでしまいました。

ゲド戦記についてはここに6巻の説明があります。

この投稿の続きを読む »

2006年7月23日(日曜日)

ゲド戦記

クラスメートのSさんに「ゲド戦記」を読むことを勧められました。

映画とは全く関係ありません。 gedo.jpg

この投稿の続きを読む »

2006年7月22日(土曜日)

歯周病は怖い

腫れや痛みといった症状を起こす歯周病が 全身に影響を与えることをご存知の方は多いと思います。

私が購読している医療者むけのメルマガに、 歯周病が無症候性脳血管障害を起こしやすいという報告がありましたので、 皆さんにもお知らせしたいと思います。 無症候性脳血管障害とは自覚症状がなく、 たまたま受けたMRIなどの検査で発見される脳血管障害のことですが、 適切な治療をしないと重篤な状態に陥る可能性もあります。 以下に記事をコピーします。      

この投稿の続きを読む »

2006年7月21日(金曜日)

夏休みだからTodayも変えました♪

久しぶりにW-ZERO3話です(^^)。

学校でW-ZERO3仲間が見つかるだろうと楽しみにしていたのに、 皆無でした;(

この投稿の続きを読む »

2006年7月20日(木曜日)

顔、頭、脇、手足にお使いの方のご報告

タイトルのように数箇所にお使いの方からのご報告です。
手足には効き目が薄いとお知らせいただきましたので、
密封療法をお勧めしました。

*****
標記薬品の使用効果を下記の通り報告します。
小生は、中学生の頃から精神性多汗を意識し始め、
その後現在に至るまで、季節に関わらず顔、頭、脇下、手、足の異常発汗に悩み続けて来ました。

この間、各種の手段を講じ、この悩みから脱出することを試みましたが、
いづれも満足な成果を得ることが出来ませんでした。
ところが、一年前にインターネットを通じ標記薬品を知りこととなり、
半信半疑にて使用してみました。
先ず、効果は脇下の発汗抑止に現れました。
これまで、真冬でも暖房されている部屋では上着まで汗が滲み出る困った状態は、
劇的に改善され、これまでの悩みは一掃されました。
次に、頭や顔の発汗抑制にも効果が見られ、
これまでの精神的苦しみから開放されつつあります。

全体的に、皮膚の薄い箇所には効果は顕著の様です。
手足について、甲の部分は有効ですが、
これより皮膚が厚い足裏や手の平に対しては効果が出難い気がします。
特に、水洗の機会が多い手の平や指については、
薬品が流出されるのか効果は薄い様です。
しかし、これまでに市販されている発汗抑制薬よりは大きな効果が認められました。

いづれにしても、標記薬品に巡り合うことが出来、
長年の悩みから脱却(特に、脇の下については自信を回復)
出来た事につき貴社に感謝しています。


カレンダー
2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project