ホーム
2020年7月03日(金)21時58分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

2007年4月21日(土曜日)

東京都から「はしか流行」への喚起

この記事に書きましたように、東京都を中心として「はしか」が流行しています。

東京都から「はしか」に対する注意が報道発表されました。
それがこちらです。

注意事項として以下が記載されていますので、近隣地域の方は留意されることをお勧めします。

○麻しん患者に接触した場合
 予防接種をまだ受けていない場合でも、患者と接触して3日以内に予防接種を受けると発症を予防できるとされていますので、早めの接種をお勧めします。

○疑われる症状が出現した場合
 発熱、せき、発しんなどの症状が出た場合には、学校や仕事を休み、早めに医療機関を受診してください。麻しん患者と接触していた場合には、受診の前にそのことを電話等で伝えておいてください。
 過去に予防接種を受けたことのある方は、発しん等の典型的な症状が出現しないことがありますので、症状だけで判断せずにかかりつけ医等にご相談下さい。

2007年4月20日(金曜日)

今の通学バッグ

昨年10月に通学バックのことを書きましたが、気に入ったものが見つからず、手持ちのいくつかを利用していました。

2年になって教科書を持ち帰ることに決めたので、しっかりしたバッグに変えました。
1年のときは、教科書は全部、学校のロッカーに置きっ放しだったんですよ :ase:
時々持ち帰って履修範囲をコピーして勉強していたのですが、1年からの継続の勉強なので復習するにも教科書がいつも手元に必要と感じて持ち帰ることにしたのです。

↓が今のバッグです。

中は↓のようになっています。

 
このバッグも新しく購入したのではなく以前からの手持ちなのですが、吉田カバンのPORTERのような素材でしっかりしているし、教科書のような重いものにも耐えられるので、今は重宝しています。
持ち手が短いのでショルダーにはできませんが、教科書はかなり重いですから、私の体ではショルダーは不向きのように感じています。

PORTERは丈夫だし、気に入ったものがあれば購入したいのですが、大きさと色が気に入るものが未だにありません。
このバッグの色で、高さがもう少し大きい物が発売されたら購入したいと思っています。

それから、バッグとは関係ないことなのですが、今はメガネを3つ使っています。
0.01が見えないくらいの強度の近眼なのですが、昨年末のこのサイト改ざんの際に目を酷使した結果、近眼の度数が上がってしまい、それまで授業の黒板用に使用していたメガネではチョークの黄色や青の字が見えづらくしまったので、春休みにもう一つメガネを作りました。
今まではパソコンやノートの字を見るメガネと、主に学校で使用していたメガネの二つでしたが、春休みに作ったメガネを入れて3つを使うことになりました。

レーシックの検査もしたことがありますが、私くらいの年齢になると一箇所の視力に合わせられるだけで、手術してもメガネが必要と言われたので断念しました。
以前はハードコンタクトレンズを使用していたのですが、ドライアイがひどく使用中に違和感が強くなって、春休みにはソフトコンタクトレンズを使うための診察も受けましたが、度が出にくいと診断されてあきらめました。

目が悪いとほんとに不便です :sad1:
視力が良い方はくれぐれもお気をつけください。

2007年4月19日(木曜日)

塩アル液ご報告(密封時の手袋について)

塩アル液密封時の手袋についてお書きくださいました。
「密封」とはぴっちり封をするという意味ですので、手袋(あるいはラップ等)は出来る限りピッタリと空気を遮断するものをお使いください。

*****
お世話になっております。
使用いたしましたので詳細をお送りいたします。
大したことは書けませんが、なにかのお役に立てば幸いです。

結論から言って、塩アル液は素晴らしく効きました。
届いた当日の夜にたっぷり手に塗って、ビニールの手袋をして寝ました。
するとどうでしょう。次の日の朝手袋を取って手を洗うと、きれいさっぱり汗が消えていたのです。

早くても二三日は効果が出ないと思っていただけにうれしい誤算でした。

なお一点気づいたことがあります。
最初の日は薬を塗ったあとふつうの(透明の)ビニールの手袋をして寝たのですが、その日よりも二回目に違う手袋をして寝た日のほうが汗の引きが著しかったのです。

その手袋とは、手術などに使うような手にぴったりとするビニール手袋です。
なんとなく効果がありそうな気がして100円ショップで買ったのですが、意外にもかなりの違いがありました。
手袋以外の要因があるのかもしれませんが、今のところ手術用の手袋が一番汗の引きがいいので引き続きこれを使っていくつもりです。

塩アル液が届いてからもうすぐ一週間ですが、仕事にプライベートにと本当に役に立っています。

特に書類をきちんと持てる、名刺をしっかり持てるというのがうれしいです。
握手も怖くなくなりました。

今回気づいたことはこのくらいです。
また何かありましたら連絡させていただきます。

2007年4月18日(水曜日)

東京・埼玉ではしか流行拡大の恐れ

タイトルどおりですが、注意喚起の記事がありましたのでお知らせします。

記事:共同通信社
提供:共同通信社
【2007年4月17日】
全身の発疹(ほっしん)と高熱が特徴の麻疹(ましん)(はしか)が、埼玉県や東京都を中心とする南関東で流行していることが、国立感染症研究所の17日までのまとめで分かった。例年、春から夏に患者が増えるため、流行はさらに拡大する恐れがあるという。

記事全文はこちら

はしか(麻疹)に関しましてはこのページも参考になさってください。

追記:GWには流行拡大の予測も出ています。
記事全文はこちら

記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社
【2007年4月18日】
東京都、埼玉県などを中心に、はしか(麻疹(ましん))が大流行の兆しを見せている。都内では、患者の集団発生で始業式を遅らせた学校もある。国立感染症研究所によると、患者数が過去10年で最多の01年(推定約28万人)に迫る規模となる可能性もあるという。はしかは感染力が強く、大型連休を機に旅行者らによって東京などから各地へ感染が広がる恐れもあり、同研究所は注意を呼び掛けている。

2007年4月16日(月曜日)

塩アル液ご報告

ぜひネイルサロンへいらしていただきたいです(^^)

*****
レベル3は確実な私なので、効果が無くでもがっかりしないでおこうと決めて使ってみました。
使い方はそちらのHPにあった、みなさんのご報告通り、少しずつ塗って乾かしてを繰り返してみました。
ラップで手を覆うとそれだけで暑く感じて、汗が出ている感じ・・・
『嫌な予感・・・』
案の定朝起きると、ラップの中はぐっちょり。。
『ああ、ダメだったかぁ?』と思いながら、気持ち悪いので手を石鹸で洗ってみました。

タオルで手を拭くと、汗が出る感覚が皮膚にあるのに、そこには汗の粒が見当たりません。
でも、痒みは無いのに、汗が出る感覚を感じると、なんとも言えない激痛が・・・
『こんな激痛に耐えなきゃいけないのぉ(涙)』と、がっくりきましたが
それも、朝一番に感じただけで、1日36年間生きてきて、初めてハンカチを使用しない日になりました!
夕方には少し掌がしっとりすることはありましたが、きっと普通の人でもこれくらいの汗はかくだろう、という程度。

手術をする前に試してみなさいと、塩アル液を勧めてくださった、山本クリニックの山本先生、また製造販売されている、しんじょう薬局のみなさまに大変感謝しております。

昨日まで、人と握手する瞬間が嫌でたまりませんでしたが、今日は『いつネイルサロンに行こうかなぁ?♪』という、180度違う考えになりました。

まずはネイルサロン、そして今年の夏こそサンダルを購入してみようと思います♪
ワクワクします(^^)


カレンダー
2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project