ホーム
2019年6月16日(日)11時42分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

2005年11月28日(月曜日)

昨日いただいたご報告

手にお使いの方が詳細なご報告をくださり、ブログ掲載にも快諾してくださいました。

*****
私なりの経過報告をお伝えしたいと思います。
使い始めて10日程経ちました。
私の発汗レベルは1?2です。塗布した箇所は掌です。

一日目:変化なし
二日目:掌中心部分がかさかさになってきた。
三日目:同上
四日目:使用せず
五日目:使用せず
六日目:指と指の間が赤く腫れた。痛みはない。
    皮のようなものがこびり付いている(塩アルだと思います)
七日目:使用せず
八日目:使用せず
九日目:塗布する際のやり方を変えた。
           
乾かす時にはドライヤーで乾かしていたのですが、ずっと冷風で乾かしていたんです。
それを温風に変えてみたところ、あっと言う間に乾き、煩わしさから解放されました。
乾かし方で「扇風機」、というやり方があったのでずっと冷風じゃないと!と
思い込んでいましたが、温風の方が早く乾くみたいです。
十日目:温風にしたせいか掌にはほとんど汗をかかなくなりました。
それでも指先はやはり少しだけ汗をかきやすいですが。
起きた瞬間にものすごくビリビリと手がしびれています。
それでも5分くらいしたら元に戻っているのですが。
朝一番の手洗い(温水)はしびれが増します。
塩アルを塗り始めて、今まで気付かなかったのですが、
手の甲の汗がひどく出るようになりました。
これは、以前は掌の方が気になって気付かなかった箇所だとは思うのですが。
代償発汗ではないですよね?

ハンドクリームはまだ使用していないですが、塩アルを使用し始めてから、
手を重なり合わせる時に「カサカサ」という音を楽しめるようになりました。
ドライオニックも購入を考えていたのですが、今は必要なさそうです。
自分にも自信が付き、来月から仕事をすることにもなりました!

今まででは避けてきた職種だったのですが、思い切って挑戦してみます。
この度は、本当にありがとうございました。
しんじょう先生には心から感謝致します。
きっと塩アルを知らずに過ごしていれば、近い将来、手術に踏み切っていたと思います。
こういったサイトを偶然ながらにも発見できたことにより、
しんじょう薬局様の塩アルと出会い、今までの苦しみから救われた気分です。
今まで、いろいろなクリニックや美容外科などを訪れ、
その度につらい思いをさせられてきましたが、しんじょう先生に出会えたことにより、
それまでのつらい出来事が嘘のように感じております。
本当にありがとうございました。
*****

上記メールに指の間にはワセリンを塗布することをアドバイスさせていただきました。
以下はそのお返事です。

*****
不思議なことに温風で乾かすようになってからは、指の間の腫れが治ったんですよ!
刺激に慣れてきたのか、量を減らしたのがよかったのか、よくわかりません。
それでも皮膚が弱い方なので油性基剤のものを塗布してみようかと思います。
やはり手の甲の汗も気になるのでそちらも今日から試してみたいと思います。
では、また報告させて頂きます!

2005年11月26日(土曜日)

お元気ですか?

今日のあなたは「お元気ですか?」と聞かれたら、どのように答えますか? 「おかげさまで元気です」と答えますか?

それとも「風邪気味です」「胃の調子が悪くて」「○○が痛くて」などなどかな?

ここからは「元気の素カテゴリー」の一番最初に書きたかったことなのですが、 上手な言葉が見つからなくて延び延びなっていました。 拙い文面ですが意味を理解していたければうれしいです。

中学生のころは英語の時間に

I'm fine. Thank you.

と練習しましたが、 皆さんは元気の基準をどこに置いていらっしゃるでしょう。 そもそも「元気って何?」と考えたことがありますか?

この投稿の続きを読む »

2005年11月25日(金曜日)

イオン水phの比較

先日からアルカリイオン水生成器を使用して、 飲み水はもちろん、氷も料理やご飯を炊く水もアルカリイオン水を使っています。

私はどういう性格なのか(まあ、こういう性格なんですが(笑))、 添付の説明書などは隅から隅まで読むんです。

それでわからないことは必ず問い合わせをしなければ気がすまないので、 今回も何度もphを測りました。

それで納得してから使っています。 アルカリイオン水のことはいろんな方に勧めているので(笑)、 報告として測定結果をここに載せます。 ph1.jpg

左から、水道水、キリンのアルカリイオン水、生成器で作った低いphの水、高いphの水の順です。 下がph表になります(上手に写せなくてm(__)m)。 ph2.jpg

この投稿の続きを読む »

2005年11月24日(木曜日)

顔汗

汗止め液使用報告の掲載に書きましたように、販売を開始してから今まで様々なことがありました。
掲示板の書き込みにも記憶に残るご報告がたくさんありますが、その中の一つをご紹介します。

30代の顔汗で悩む男性の書き込みで、掲示板の書き込みのほかに
何度もメールをくださいました。
汗止め液を使用してから、最下位に近かった営業成績がトップになったという
ご報告もいただき、成績もですが、文面から精神的にも明るくなられたことが感じられ、
汗止め液の販売を続けていて良かったと思ったことを今でも覚えています。

*****
[9233] 投稿日:2004/08/07(Sat) 15:10
みなさんはじめまして?
汗で悩んでいる方々の参考になるのでは?と思い書き込ませていただきます。
私は、10年以上にわたって額と頭部の発汗に悩んでたのですが、
一週間前からしんじょうさんの塩アルを使わせていただき快適な一週間を過ごさせていただいております。
私の場合は、ほんの一例をあげると、少し体を動かしたり、緊張したり、
集中して物事を考えたりすると頭と額から汗がしたたり落ちる状態でした。
そんな状況で営業の仕事をしていたので、いつもお客さんの前では汗だくで
汗を拭きながら説明をしていたのですが、汗の事が気になり全然仕事に集中できない状況でした。
職場の先輩からも「お客さんの前であんなに汗を掻いていたらウソをついてると思われるぞ」
といわれる位でした。

自分が情けなくて、精神的にも参ってしまい、
以前からお気に入りに登録していた兼平山本クリニックで手術を受けようと
ホームページを見ていたときにしんじょうさんの事を知り、
自分には効かないだろうと思いつつダメで元々と思い塩アルを注文しました。
初日は、額に原液で一度塗りし、一時間後に洗い流しました。痛痒さは多少ありましたが、
我慢できる範囲でした。その後、軽い運動をしたのですが、ほとんど汗を掻きませんでした。
二日目は、額と頭(頭頂部以外)に原液で一度塗りしたのですが、
頭に関しては、痛痒さがきつくて途中で何度も洗い流そうかと苦悶しましたが
「一時間我慢すれば汗から開放されるんだ」と何度も自分に言い聞かせ、
我慢しました。洗浄したところまもなく痛痒さは消えました。
その翌日、塩アル使用後はじめて出勤したのですが、
いつもは朝から滝のように流れる汗がピッタリ止まってくれました。
周りの人たちですら汗を掻いている程の暑さにも関わらず、
私が顔、頭から汗を掻いていないのが不思議でなりませんでした。
また、いつも「暑い、暑い」が口癖な位の暑がりだったのですが、
周りの人たちが暑がっているにも関わらず、
自分には心地よい暑さにしか感じなくなりました。実は、暑さに強かったのかな?
汗が流れだすといつも焦ってしまい、頭の中が混乱してしまい単純なミスを繰り返していましたが、
汗が止まったお陰で落ち着いて仕事ができるようになりましたし、
何より性格が明るく陽気に変わったように思います。
私が唯一(?)堂々と汗を掻ける場所であったスポーツジムでは、
さすがに頭、額から汗がでますがしたたり落ちるほどではありません。
以前は運動後にシャワーを浴びても30?40分は汗が止まらなかったのですが、
今はピタッと止まっています。
私の場合幸いにも初日から効果が出て、今日で一週間になりますが、
まだ効果が続いております。

私は、しんじょうさんの薬のお陰で大げさじゃなく人生が変わりました。
薬が効かない方もおられるようですが、汗で悩んでいる方は、
ぜひ一度試していただければと思います。

2005年11月23日(水曜日)

怖かった・・・。

今朝のウォーキングではほんとに怖い体験をしました。 明日の新聞に

中年女性、犬に咬まれて重症! という記事が載るかと頭をよぎった出来事でした(ーー;)。

今朝もいつもと同じようにウォーキングをしていて、帰路の途中何気なく見たら、 鎖につながった黒い犬がいました。

まさか、その犬が突進してくるとは思いもしなかったのですが、 私は鎖につながっていると思って見た瞬間、鎖と一緒に突進してきたのです。 犬は私に飛びつきました。

この投稿の続きを読む »


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project