加齢とともに増えるシミ

次の記事を読みました。

加齢とともに増えるシミ・しわは「日光角化症」かも…皮膚がんのリスク 若い時から紫外線予防を : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
 年齢を重ねると顔などにシミやしわが増えます。それは、光を浴び続けて起こる「日光 角化(かくか) 症」かもしれません。自覚症状がほとんどなく、放置しがちですが、まれに皮膚がんに進行します。異変に気づいたら早めに皮膚科を受診することが大切です

私事ですが、30代のころ、ある日突然顏のシミに気づきました。

その当時、私は体調を崩していたことと、長い入院生活を送ることになって、シミまで頭が回らずに数年経ってしまいました。

その後も年齢を理由にしてシミを放置していたのですが、最近、そのシミの色が濃くなっているような気がしていたのです。

その様な状況の中で記事を読んだため、様々な不安が生じました。

記事には次が書かれていました。

見た目の特徴で多いのは、1センチ前後の赤いシミ「紅斑」です。表面に粉をふいたり、かさぶたができたりして、何個か同時にできることもあります。「色素沈着」は、やや淡い褐色のシミに似た状態で、多くの場合、まだらに広がります。イボが突き出したような状態の「皮角」や、表面が角化してイボ状になることもあります。

そして、次のような恐ろしいことも書かれていました。

症状は、まれにかゆみやちくっとした痛みを感じる程度です。症状はゆっくり進みますが、放っておくと、一部が皮膚の深くまで入り込み、皮膚がんの一種「 有棘ゆうきょく 細胞がん」になる場合があります。このがんは、リンパ節や肺に転移して命に関わることもあります。

気になって他を検索したところ、私のシミは老人性色素斑が一番近いようです。

老人性色素斑について
老人性色素斑とは、いわゆるしみの1種です。褐色から黒色の1cm前後の色素斑であり、主に紫外線を浴びることの多い顔や手の甲などに生じます。年齢とともに認める頻度が増え、60歳代以降では目立つようになります。中には20歳代で色素斑を呈する...

自己判断ではなく受診したほうが良いと思うのですが、近隣の皮膚科の異常な混雑ぶりから「う~~~ん」と思案中です

タイトルとURLをコピーしました